糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ER-4Bのレビューを削除

ER-4Bのレビューを削除。

というのも4Sと聴いた感じ全然違いが分からないからで、そんなら一々同じレビュー書くことも無いと判断。
変わりに4Sのレビューに少し付け加えておいた。

スポンサーサイト
[ 2010/10/19 19:23 ] Etymotic Research ER-4B ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)

Etymotic Research ER-4B 写真

Etymotic Research ER-4B フォト記事。

先日購入したER-4B。



『Etymotic Research ER-4B パッケージ』
CA3C0043.jpg
ER-4Pのパッケージは商品背景の画像がiPodだったと思う。
しかし、4Bは4Sと同じ?でレコーディングに使うミキサーか何か。
他はER-4Bと書かれてあることだけか。

そういえばこのER4というシリーズには、キチンと「MicroPro」という立派な名前があるのに、それで呼ばれることはほぼ無い。
世間では4Sとか4P、ことに当機は4Bなどと、鉛筆の芯のごとく呼ばれる。
見た目もなんか細くて、黒くて鉛筆っぽいし、せれでも良いか。



『内容物一覧』
CA3C0052.jpg
4Sや4Pと全く違わぬ光景。
何せ、違いはといえば本体のケーブルのコブの部分に書かれてある「ER-4B」の文字だけだから。
因みに写真では本体にコンプライ嵌ってるが、これは自前のものなので注意。




『本体』

CA3C0060.jpg
ケーブルは分岐前まではなかなか太くて好印象だが、分岐後は途端に細く、頼りない。
重量比的に分岐前:2、分岐後:1ぐらいの感じ。
装着しても、分岐前ケーブルに重く引っ張られる感じがある。
また本体は細く、軽過ぎて心もとない。
もう少し太くても誰も文句を言わないと思うのだが…。



『注意書き』
CA3C0056_20100601204824.jpg
「適切に着用しないと低音が出ません、また遮音性能が低下します」

といわれても、トリプルフランジは装着が気持ち悪い上、音がジョロジョロした変な音色になるし。
「原爆雲」は変性が低いので耳穴上下に隙間が出来て、結果、音がスカスカになるし。
黒スポンジはサイズ的に良いのだが、スポンジの質が極悪で軽く、低域が延びない。

結局のところ、付属のイヤピはどれも使い物にならない。
いや、相性が悪いと言っておこう。

で、何か別のものと、結局たどり着いたのが上のほうの写真のコンプライと、もう一つ一緒に買ったSHUREの黒い弾丸。
さらに両者を聞き比べてみて、違和感が無かったのでコンプライにした。



『説明書>周波数特性グラフ』
CA3C0059.jpg
Bが無い・・・比較してくんなきゃなぁ。

因みにイヤホン特性として中高域辺りに山があって、「リスナーズレスポンス」がフラットになるのが良く分からない。
外耳道内で、何だかんでそうなるらしいが、しかしこんなケッタイな特性持たせてるのはEtymoticの製品しかないのも事実。
個人的にちょっと胡散臭い気がしないでもない。
実際に聴いた感じフラット「そう」なのだが・・・なんかやっぱり高域がうるさい気が。

音については鳴らしの後に・・・。



(スペック詳細/販売店リンク)


Etymotic Research ER4シリーズ

Etymotic Research ER4シリーズ

Etymotic Research ER4シリーズEtymotic Research ER4シリーズ

≪製品特徴/仕様比較≫
ハイファイ用ステレオ・イヤフォン ER-4S-B
音楽鑑賞、DVDプレーヤなどと合わせて ミニシアターシステム用としてもお勧め致します。
インピーダンス:約100Ω(ハイインピーダンス型)
感度:90dB (SPL@0.1v)
最大出力音圧:122dB SPL
最大許容入力:3.0 Vrms

パワー・ポータブル用ステレオ・イヤフォン ER-4P
ER-4Sではどうしても音量が足りないプロ・ユースにも最適
やや中域以下はER-4Sより盛り上がった低域よりの周波数特性 大音量環境でのモニター、ポータブル機器中心の音楽鑑賞 に最適
インピーダンス約32Ω(ローインピーダンス型)
感度:102dB (SPL@0.1v)
最大出力音圧:122dB SPL
最大許容入力:0.75 Vrms

バイノーラル用ステレオ・イヤフォン ER-4B
バイノーラル用に設計された周波数特性、高域がフラットな作り 特殊なダミーヘッドを使った録音で優れた臨場感
バイノーラル研究用途では最高のイヤフォン
価格 31,500円(現金特別価格24,500円)
インピーダンス:約100Ω(ハイインピーダンス型)
感度:90dB (SPL@0.1v)
最大出力音圧:122dB SPL
最大許容入力:3.0 Vrms

≪共通仕様≫
■タイプ:カナル型イヤホン
■再生周波数帯域:20Hz~16kHz
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル長:約150cm
■重量:28g以下
<<付属品>>
・3フランジイヤーチップ(フロスト・スモール):1セット※既装分※
・3フランジイヤーチップ:2セット
・フォームタイプイヤーチップ:2セット/黒タイプ
・グライダーイヤーチップ:2セット
・フィルターチェンジングツール:1個
・交換用フィルター:4個
・6.3φステレオ変換プラグ:1個
・シャツクリップ:1個
・専用ポーチ:1個
■保証について
ER4Bの保証期間はご購入日より起算して「2年間」となります。

サウンドハウスは「EtymoticResearchの正規代理店」ですのでご安心してお求め頂けます
[ 2010/06/01 21:56 ] Etymotic Research ER-4B ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。