糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DT100の解像度の高さについて

解像度だけでみたらDT100よりも優れた機種はなかなか無いんじゃないか?
DT100はダイナミック型で最も解像度の高いヘッドホンの一本だと断言できる。

しかしまあ、補正し辛い音色の癖とか、なんだろうか?音の妙な反響感?これはやはり少し違和感がある。
小音量なら極めて綺麗な音に聴こえるのが、大音量と打撃音があまり得意ではない。

それで結局、K240の方が違和感の少ない音で使いやすく、管理人の評価が高くなる。

解像度に釣られて買ったりしないように!

やはりバッフルにポートの無い、30年以上前の構造がどうも良くないらしい…。

スポンサーサイト
[ 2011/11/03 20:29 ] beyerdynamic DT100S400 ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)

DT100のケーブルを短くする

どうでもいいことなのに、イチイチ写真を撮って流れを紹介。


『ケーブルカット/並べる』
DSCN0497.jpg
ケーブルを中途でカットしたものを並べたところ。

仕上がりの長さは160センチぐらいに、管理人が両手を横に広げた長さに。


『導線を半田コテで外して行く』
DSCN0499.jpg
管理人の安い半田ごては温度が低く、外すのにエライ梃子摺った。


で、外し終えて再度切断した側を再ハンダしたのが下・・・。


『再半田後』
DSCN0500.jpg
・・・なんだこのザマは・・・。

―うほっ!コイツ半田処理スゲーヘタクソ(プゲラwww)

うるさい!
どうみても、これは半田コテのせい。
半田が安い工作用のモノで、温度が十分足りてないから、こうなるんだ。(そうさ、きっとそうなんだ!)
このまま繋いで聴いてもキチッと音が出るからこれでOK、無問題。

(因みにケーブルをメジャーな左出ししたい場合は写真の赤と青を反対にすればOK。管理人は右出しの意外に違和感の無いのが気に入ったのでデフォルトのまま。タブン右利きの、電話の受話器のような感覚が良いんだと思う)


で、再度組み立てる・・・その前に、このままではケーブルがブッシングでスライドしてしまうのでその処理をしないと。


『皮膜切り取る』
DSCN0501.jpg
皮膜を一部カット。


『で、タイラップを嵌める』
DSCN0502.jpg


『余分をカットしてコネクターに嵌める』
DSCN0506.jpg
後はもう一個のコネクターパーツで挟んで、ネジをとめれば完成。


『付属のネジ』
DSCN0511.jpg
今回は付属のネジで本体に留めてみる。


『コネクター固定ネジを留める』
DSCN0514.jpg
これで幾ら引っ張っても抜けない。
そのままでも十分しっかりしてるけどね。



『プチ改造完了』
DSCN0519.jpg
それで音はって?ことだけど、正直に印象を述べると音が僅かに良くなってる。
なんか高域の抜けが良くなってるように感じる。
なんというか、詰り感が少し改善されてスカーッとした感じ。
シンバルの音の粒立ちが良くなったような気もする。
元のままでも十分なのが、さらに僅かに透明感が上がったような?
音場に少し、凹凸感が出てきたというか、ノッペリとしていたのが僅かに表情が出てきたというか、そんな気がする。
それに伴って、何か打撃音に実体感が出てきたというか、全体的に輪郭表現がハッキリした気がする
(何言ってんだろ、おれ・・・)

ケーブルが短くなると確実に超高域の抵抗値が下がって、音質が良い方に向かうというのは間違いない。
だけど3メートルから半分に短くしても、可聴範囲内(~20kHz)での変化は0.5パーセント以下(0.3だったか?)だったとか、そういうデータを見たこともある。
スーパーオーディオCDとかの広帯域再生なら、見えないところで結構恩恵もありそうだけど、管理人のようなWAVとかでも変化があると言っちゃて良いのか?

だけどやっぱり良くなった気がするんだよなぁ・・・疑り深い管理人の耳でも。
取り合えず取り回しが良くなったので、良しと。





『おまけ:これは何やねん?』
DSCN0521.jpg
ああっ!またやってしまった!皮膜が溶けてる・・・。
半田処理中に、コテで触れてしまったらしい・・・・超マヌケ・・・。

やっぱ、おれハンダ付けヘタクソだわ(笑)・・・もっと練習しないと。
先のことはハンダコテに謝罪しないと、メンゴメンゴ。
[ 2011/01/29 21:26 ] beyerdynamic DT100S400 ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)

beyerdynamic DT100_S400 写真記事

beyerdynamic DT100_S400 写真記事。

何度もカメラトラブルに見舞われてやっと。

「DT100ってなんやねん?」って人もいるだろうが、ヨーロッパのスタジオで多用されている名機。
ただ、ネットで漁っても少しの情報しか釣れない。

年代が古すぎだからかもしれない。
最近はDT770ばっかのこの世。



『beyerdynamic DT100_S400』
beyerdynamic DT100_S400 (2)
beyerdynamic DT100_S400
「フランケンシュタイン」とかそんなー感じか。
「ダサい」って手放しに叫ぶ人もたくさんいそうだけど、個人的には堅実な感じで、むしろ好ましいと思う。
(あっ、またビジターの冷たい目・・・)



『ハウジング』(ピンボケ)
DSCN0408.jpg
何とも無骨。
剥き出しのネジがなんともいえない。

バンドから伸びたアームも太く、少しの頼りなさも感じさせないツクリ。
その癖軽いから良い。



『ヘッドバンド』
DSCN0417.jpg
「巨大な黒バナナ」。
ハウジングに対してかなり大きく、全体の存在感がここに引き付けらてしまう感じ。
横に広く、どう考えても可笑しい。

新型のDT150ではこのバンドがもっとスリムなものになっているが、それはやはりそれなりの理由かと。



『クッションの外し方』
DSCN0418.jpg
写真のような凹凸をパチッと引っ張って外す。
簡単に外せて良い。



『クッションを取ったところ』
DSCN0419.jpg
別にコレでいいんじゃねーかと思う。
昨日この状態でFPS5時間(笑)やったけど、特に頭も痛くならなかった。
GRADOのバンドとかと比べると、マシにも見える。
本体も見た目ほど重くないし―寧ろ軽い、パッド面積が大きいから、この状態でもそんなに辛くないのだと思う。



『ケーブル』
DSCN0412.jpg
三メートルのスト。
線部・プラグはDTシリーズ共通。



『コネクター部』
DSCN0414.jpg
六ピンをハウジング側の凹に差し込む。
コネクターを貫通するカタチでネジ孔があり、付属の長いネジで本体に固定することも可能。
さすが業務用。



『コネクター分解』
DSCN0413.jpg
6ピン中4ピンがケーブルと接続されており、少し離れた位置にある二つのピンはフリー。
コレはマイク付きのモデル用についてあるものらしい。

ケーブルは4ミリで、ブッシングの孔もそれに合わせてある。
リケーブルなどは簡単そうだが、このブッシングを使うには4ミリ以内の太さで収めると綺麗に出来そう。

因みに、当機はケーブル片出しだが、コレがなんと、デフォルトでR側から出すようになっている。
管理人は特にこのことに特に不便も感じないが、違和感がある人は写真の赤と青を付け替えて、ハウジングのL/Rプレートを付け替えることで、違和感無く左出しに変更できる。
スバラシイ仕様だと思う。◎



『パッド』
DSCN0422_20110116030312.jpg
120×80ミリ。
厚みは20ミリ。
しっかりしていて良い感じ。
中のクッションも程よく柔らかい。

が、管理人は密閉度の上がる皮パッドは嫌いなので別途以下を購入。



『EDT100T』
DSCN0431_20110116030309.jpg
当機のパッドはデフォルトの皮調パッド(S)、ビロードパッド(P)、そしてこの綿布パッド(T)の三種類が販売されている。
何れもサウンドハウスで購入可能。(管理人も一緒に購入した)

因みに別途買ったこのパッド(T)は付属のものよりも肌触りが良く、音も箱鳴り感が少ないのですごい気に入ってる。
DT100を購入される人がいたら、是非試して欲しい、2000円ぐらい。



≪分解開始≫



『バッフル』
DSCN0433.jpg
バッフルはひどくノッペリした印象。
レジスターなどはない
そのことが管理人の当機の購入動機だったワケだけど、そのことについてはまた後に。



『振動版アップ』
DSCN0455.jpg
直径35ミリと少し小ぶりなものが使われている。
よーく見ると、DT770/880/990や、T50Pにあった振動版面の細かいブツブツがなく、ツルッとしているのが分かる。
(そもそもあのベイヤー特有のブツブツは何やねんと)



『ハウジング(左)内部』
DSCN0452.jpg
ポートや吸音材などはない、そのこともまた、管理人が当機を購入する理由になった。



『ハウジング(左)外』
DSCN0430.jpg
ココで内部から出てきた端子がR側へと続くブリッジケーブルに繋がれる。
(しかし、ハンダ付けし難そう)



『ドライバユニット』
DSCN0453.jpg
DTシリーズといえば金属っぽくて、時計内部のような精密感があったのが、コレは割とノッペリしていてシンプル。
接着剤で固定されているため、これ以上の分解は出来ない。



『まとめ』
DSCN0460.jpg
何か、内と外さほどフンイキに差がない正直者という感じ(笑)
ベイヤーのヘッドホンとしては緻密感に乏しい感じがするがドライバユニットまで分解したワケではないし。
音は嘘を付かない!
当機も見た目は何だか不細工だが、音はといえば素晴らしく緻密。
ハッキリいってこの上なくサッパリしていて美味なサウンド。

が、しかしこの記事は音に関してあれこれ寝言書くものではないのでこの辺で。



(スペック詳細/お勧め販売店リンク)


beyerdynamic DT100 (400Ω)

beyerdynamic DT100 S_400beyerdynamic DT100 S_400
≪製品特徴≫
Beyerdynamic DT100シリーズの400Ωモデル。
低インピーダンス、16Ωバージョンもあります。

≪製品仕様≫
■形式:密閉ダイナミック型
■周波数特性:30~20,000Hz
■感度:94dB
■インピーダンス:400Ω
■カラー:グレー
■質量:350g(ケーブル、コネクターを含まず)

※現在価格・在庫はコチラで確認してください。
[ 2011/01/14 20:25 ] beyerdynamic DT100S400 ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。