糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ULTRASONE HFI-580 レビュー記事

ULTRASONE HFI-580 レビュー記事。


ガッツリ低音ホン。


ULTRASONE HFI-580
ULTRASONE_HFI580(2).jpg
ヘッドホンには初期の印象はあまり良くないが、聴いている内に良いところがみえてくるものと、初期の印象は良いが聴いている内に欠点がみえて来て少しガッカリなものがあるように思う。
当機は残念ながら後者か…。



■解像度
ハッキリ言ってそんなに高くない。
ハイミッド寄りの音色であり明領度はかなり高く、ボーカルやエレキギターが前へ出てくるが、その後ろがちょっと寂しい感じ。
奥行感に少し乏しいということだなのが、さほど平面的というわけではなく、しかしもう少し見晴らしが欲しいと思う。
全体的に主となる楽器や声が積極的に前に出てくるが、微細音等はあまり拾わず、音の表面的な部分にばかりフォーカスが当たる感じ。
分析的な聴き方をするにはもう少し絶対解像度が欲しい。
音楽をフツーに聴くには全く問題ないと思う。


■音色(周波数特性)
音色重度 低 ― ― ― ― ○ 高 (重々しさ)
音色暈度 低 ○ ― ― ― ― 高 (ぼやけ感)
音色明度 低 ― ― ― ― ○ 高 (明領度)
音色鮮度 低 ― ○ ― ― ― 高 (鮮やかさ)

かなり極端な感じ。

低域は非常に良く伸びる。
重心が極めて低く、イコライザ無しでもズンズンと沈み込むような低い低音表現も出来る。
反面、重心が低すぎて包み込むような抱擁感のある豊かな低音表現は全くダメ。
乾燥しきった室内のような空気感の乏しい音場のフインキ。

中域は明確にハイミッドバランス型の音作りであり、明領度は非常に高い。
全体的に明るく、薄いレモン色の色彩を帯びるかのよう。
某社のヘッドホンにある蛍光灯っぽい色合いではない。
甘い感じは無く、割りとスッキリしている。

上位機種や他社製と比べて高域は延びが足りない。
繊細な鮮やかさが無く、歪みっぽい少し雑なバシャバシャした耳障りな低めの高音が目立つ。
相対音圧はさほど上がってこないので、不快感はあまり催さない。

全体音色は最低域がしっかりと音を張る印象で、軽い感じはなく、非常に重い印象。
しかし厚みがなく、楽器によっては音が痩せたように聴こえる場合がある。



■その他
・制動感が高い
ハウジング剛性が高いからか、同じドライバユニットでも旧PRO550とは全く対照的に非常に制動感の強い、ガッシリとした打撃音が出る。
揺るぎが無く、鉄球のような硬いしっかりとした重量感と輪郭のある低音が出るため聴いていて頼もしい。

・パッドがけしからん
側圧が強めでありパッドが押し当てられる感じがあるが、気のせいか、それを伝って低音の衝撃が頭蓋骨に響いてくるような感じがある。
ハードな音楽をノリノリで聴くにはある意味で気持ちが良いかもしれないが、少し余計で下品な響きにも感じる。
個人的にもう少しバンド挟力を緩めるとか、パッドを柔らかくするとかした方が音がもっと綺麗になると思う。

・S-LOGIC
「全く分からない」というのが正直なところ。
聴き始め耳の前方斜め下の方で鳴っているような妙な感覚があるが直ぐに慣れてしまって、普通のヘッドホンとなんら変わらない印象に戻る。
メーカーが謳うようなサラウンド感と言ったものは感じない。



■全体的に ☆☆☆★★
高域が少しというか結構荒いのが気になる。
50ミリドライバだから仕方ないのか?
K240MKIIなどと比べると非常に荒っぽく、聴き返したりするとあまりにも240の音が綺麗なのにびっくりすることになる。
音の分離感が良いがこれはS-LOGICのおかげだとかではなく、ローミッドが凹んでいるから音像が膨張し難く被さり難いからだろうと思われる。
音の分離が良い反面、HD650的な温もり感が無く、全体のフインキよりは定位感を優先した音であると感じる。
やはりモニターヘッドホンか。
ボーカルの温かさなどは感じるべくもない。

低音の鳴り方は非常に素晴らしいと思う◎
密閉型はやはりこれぐらいガッツリした制動の効いたもので無いと、とても聴けたものじゃない。
打撃音の硬さはこれまで聴いた中ではaudio-technicaのES10に次いで硬い。
それだけで個人的には大満足だが、やはり高域が荒いのは見逃すことが出来ない。
コスパが音域によって右斜めに下っていく感じなのがしかし、全体的にみたらまあ価格なりのものはあるように思う。
高域の荒さは極端ながらSignature PROでも聴いてみると良く分かる。
あれは高域が恐ろしく綺麗に出てるので感動出来ると思う。

HFI-580は高域の荒さこそ少し気になるが、低音がしっかりと出ていて下位機種として印象は悪くないと思う。
低音はしっかり出るし、聴感上の明領度が高い音作りの為、海外のアマゾンなんか見ると非常に評価が高い。
しかし管理人的にもう少し綺麗めな音の方が好み。
低音好きの人は一聴してみる価値はあると思う。



お勧め販売店リンク:サウンドハウス



ULTRASONE ( ウルトラゾーン ) / HFI-580
ULTRASONE ( ウルトラゾーン ) / HFI-580
ULTRASONE/HFI580はブラックパールカラーのイヤカップをもつ、密閉型ヘッドフォンです。 ドライバは50mm径のマイラー製で上位機種PRO550と共通。 HFIシリーズの中で最もヘビーデューティな仕様です。 ハイパワー入力に対応する設計は、タイトでパワフルなベースサウンド、精緻で分解能に優れた再現力を約束します。 特にドラマーやベーシストのスタジオ・モニタリングに最適です。

スペック
■形式:密閉ダイナミック型
■再生周波数帯域:10~22,000 Hz
■ドライバー:マイラー
■ドライバーサイズ:50 mm
■インピーダンス:32 Ω
■出力音圧レベル:101 dB
■重量:285 g
■コード長:ストレート(3m)

※現在在庫・価格はコチラで確認してください。


スポンサーサイト
[ 2012/01/25 19:05 ] ULTRASONE HFI-580 | TB(0) | CM(-)

HFI-580エージング中(2)

まあエージング(鳴らし込み)中のHFI-580聴いたら音の変化してること。

打撃音の音像定位が良くなってくるのが分かるね。
センターフォーカス?というのか、中央の音像定位がピシャッと定まるようになってるね、最初の頃に比べると。

低域がスムーズに出るようになってくるからか、なんだか低域の癖も明瞭になってくるような感じがする。
HFI-580の場合ロー・ローミッドバランスが明らかにロー寄りであって、重心が寄りすぎで音場に浮かんでいるような鳴り方をする。
中低域が凹んでるからだろうが、これも780と同じく、締まり感は非常に強いが抱擁感が無く、なんだか素っ気無い、ともすれば貧相な音にも感じられる。
音の分離感は非常に良い。

鳴らしこめば鳴らしこむほど、これまでのゾネホンで感じたような音の不自然さがジワリジワリと出てくる感じがするのが恐ろしい・・・。
悪いヘッドホンではないのが、やっぱり普通のヘッドホンではないなゾネホンは。


[ 2012/01/19 14:42 ] ULTRASONE HFI-580 | TB(0) | CM(-)

HFI-580エージング中

エージング中のHFI580、接着ワイヤータイプなんでかなりの大音量で鳴らしてる。
耐入力特性が高いはずだから。

管理人の似非理論(笑)では接着面の糊が軟化することによって低域のレスポンスが良くなるはず。
「はず」というかこれまでの経験からしてそうなるのは分かってる。

上位機種なんかはダイアフラムにコーティングしてるから確認出来ないが、ドライバユニット裏の構造からゾネホンは恐らく全ての機種でワイヤー接着型振動板を採用してるらしいというのが推測出来る。
だからゾネホンが一概にエージングで音が変化し易いというのは間違いではないのではないかと。
購入したら大きめの音量でカツ入れしてやると良いんでないか。(限度を知らずに壊れてもしらんけど)

580はそのままでも低域がガッツリしてるから、もっと低音がスムーズに出てくれるとなかなか素晴らしい低音ホンとなるはずだ。
若干重心が低すぎて厚みがなくサッパリし過ぎな感じもするのがこの辺もどう変化するか楽しみだ。


・・・ところで、同じドライバユニットを使っていて従兄弟ともいえる旧PRO550の記事は削除した。
どう考えてもこっちの方が音が綺麗だから。
それにモデルチェンジして、ハウジングの剛性も上がってるし、旧バージョンのボンボンした下品極まりない低音も改善されてるだろうし。
(実はHFI-580を購入する際、PRO550を買い換えて新旧の音の変化を確認しようかとも思ったんだけど。)

とりあえず200時間鳴らす。
普段よりも少し音量が大きいので壊れないかちょっと心配だ。


[ 2012/01/14 20:27 ] ULTRASONE HFI-580 | TB(0) | CM(-)

ULTRASONE HFI-580 写真記事

ULTRASONE HFI-580 写真記事。


ブログサボって聴いとりました。


ULTRASONE HFI-580
ULTRASONE_HFI580.jpg
ほい、HFI-580。
普段小口径の機種ばっか使うから、大口径のしっかりした低音が聴きたくて購入。
AKGのK550と迷ったものが、最終的にコレにした。


ハウジング(保護シール貼ったまま)
DSCN1473.jpg
キラキラグルグルしてる。
剛性が非常に高い。
裏から見ればカップの下地はABSなのが、その上から金属製のロゴパーツを嵌めてあるハイブリット構造。
管理人が当機を購入する最大理由としたもので、打撃音が硬く、音が澄んだ印象に聞える。


バンドトップ
DSCN1487.jpg
前も書いたかしら、コレなんて読む???
管理人はウルトラ「ソーン」と読んでる。
CEOがそう発音してたし、もとは英単語だしそうなんだろうと。
実際のところ「ゾーン」なのかどっちなのか。


ヘッドパット
DSCN1475.jpg
接頭面積がかなり小さいが、中のクッションは低反発らしくそう痛くならない。
しかし痛くなる人は痛くなるらしい。
頭皮環境の違いかしら?
装着しても髪の毛が大きく凹まないのは良いと思う。


アジャスタ

DSCN1476.jpg
少し滑り易い。
一度調整しても知らぬ間にズレているということが良くある。
もう少し硬い方が良いと思う。


プラグ
DSCN1533.jpg
ミニに標準を取り付けるタイプ。
特にどってことない。


ケーブル
撮り忘れたのが、ケーブルは少し硬い感じがして癖が付き易い。
直径約4ミリ。


パッド
DSCN1499.jpg
皮調パッド。
楕円形で100×85ミリぐらい。
嵌め込む部分の外周が約280ミリ。
メジャーなサイズであり、他社メーカーのパッドが結構使える。


バッフル
DSCN1501.jpg
バッフル面にはMUメタルシールドというのが貼ってあって、電磁波をシャットするらしい。
少し胡散臭いが、先のハウジングの剛性のみならず、バッフル面の剛性強化になり、音質的なメリットは結構あるのではないかと思う。
扇状の開口部は装着すると前方は水平方向、後方は斜め下の方に向かって135度の角度で開くようになっている。
なんかこの角度がS-LOGIC的に良いんだろうか?
聞いた感じ、管理人には「良く分からない」というのが正直なところで・・・。
バッフルのポートはなにやら意味ありげにドライバユニット上下に設置されてある。
開口が結構大きいのでハウジング反射音が乗り易いかと心配していたのが、案外クリーンに聞えるのは剛性のお陰か。


振動板
DSCN1508.jpg
開口部から頑張って撮ってみた。
上位機種と違って金メッキや、チタンメッキは施していない。
「おかげで」上位機種のHFI-680や780、2400で感じた高域の不自然なジャリ付き感がなく、割りと自然な音に聞える。
ただしドライバがデカイせいもあるのか、高域の音圧が上昇すると荒っぽい印象が出てくる。
写真では見えないが、ボイスコイルに伸びるワイヤーは束ねた上で振動板に接着してある。
しかし口径がデカイので実際聴いて見ても音質的な不足は感じない。


――(分解)
分解はバッフルにある三本のネジを外すだけ。


ハウジング内部

DSCN1535.jpg
吸音材などはない。
写真は左ハウジングであって、ご覧のような保護回路が入っている。(右にはない)
DSCN1519.jpg
DSCN1523.jpg
(ん?なんか左上のダイオード一個基盤の図と向きが逆になってるような気が・・・これで良いんだろか・・・)
因みにこの大入力時の保護装置PROシリーズではドライバユニットの端子にVじ型にダイオードを接続するようになっている。
管理人的にこういうそこそこ大きいものが片側のハウジングにだけ入っているというのが、どうも受け入れられない・・・。
実際聴いた感じは全く全然影響はないようなのが、やっぱ気になる。
外して直接繋いでしまおうかしら・・・。


ドライバユニット
DSCN1513.jpg
680や780、E9などの40ミリドライバではバッフルの中央部の8分目ぐらいまでしか足りていなかったのが、50ミリでは目一杯に嵌っているのがなんかたくましい。


まとめ
DSCN1532.jpg
ハウジングどころかバッフルの剛性も高い機種というのはゾネホンぐらいのもんだうろと。
ガッチリしたデザインで、非常にカッコイイヘッドホンだと思う。
気になるのはハウジング内部の回路か。
コレはちょっと取ってしまいたい。
音への影響は殆ど全く無いと思うけど、K240でやったみたいにさらに鉛シート貼ったり、ワッシャー載せもしたいし、邪魔になってきそう。
他のブログさんなんかでやってるみたいに吸音材入れるというのも良さそう。

おっと完全に自分の世界に入ってしまっていた感(笑)

音は・・・かなり良い線いってる。
しかしとりあえずエージングしようと思う。



購入店:サウンドハウス リンク



ULTRASONE ( ウルトラゾーン ) / HFI-580
ULTRASONE ( ウルトラゾーン ) / HFI-580

製品特徴
ULTRASONE/HFI580はブラックパールカラーのイヤカップをもつ、密閉型ヘッドフォンです。 ドライバは50mm径のマイラー製で上位機種PRO550と共通。 HFIシリーズの中で最もヘビーデューティな仕様です。 ハイパワー入力に対応する設計は、タイトでパワフルなベースサウンド、精緻で分解能に優れた再現力を約束します。 特にドラマーやベーシストのスタジオ・モニタリングに最適です。

製品仕様
■形式:密閉ダイナミック型
■再生周波数帯域:10~22,000 Hz
■ドライバー:マイラー
■ドライバーサイズ:50 mm
■インピーダンス:32 Ω
■出力音圧レベル:101 dB
■重量:285 g
■コード長:ストレート(3m)

※現在在庫・価格はコチラで確認してください。

[ 2012/01/13 14:06 ] ULTRASONE HFI-580 | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。