糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウンドハウスでATH-PRO700MKIIANVがやすぃ

サウンドハウスでaudio-technicaの50周年限定モデルのDJヘッドホン、PRO700MKIIANVが限定特価。
しかも送料無料。

ATH-PRO700MK2ANV
ATH-PRO700MK2ANV
PRO700MKII(下)と違いハウジングにアルミが用いられていて、重量が35グラム増加して340グラムとなかなかの重量級ヘッドホンになっている。

ATH-PRO700MK2
インピーダンス(ANV40Ω-38Ω)、出力音圧レベル(同107dB/mW-106dB/mW)も微妙に違っている。

非常にガッチリしたデザインで、旧モデルと異なりケーブルが着脱可能にもなった非常に信頼性の高そうなヘッドホンのように思う。
聴いたことはないが、ドライバユニットがリスニング用上位機種使われているAシリーズのものと同じような剛性の高いものが使われており、audio-technicaらしい非常にカッツリした高硬度な印象の音が鳴るのではないかと思う(特にANV)。

管理人的にANVはちょっと高いかな~と思って、50ミリドライバのヘッドホンを先日選んだ際に有力な選択に入れたものが、今になって値下げとは…。
現在の価格なら購入していたかも知れない。
もう売り切れてるかもしれないけど、かなり安くなってるので興味あるひとは確認して欲しい。


DJ & VJ>その他DJアイテム>DJ用ヘッドホン>AUDIO TECHNICA ( オーディオテクニカ ) /ATH-PRO700MK2ANV



スポンサーサイト

Takstar HI2050

フジヤエービックでTakstar HI2050というヘッドホンが紹介されていた。



Takstar HI2050
20113311384136666.jpg
DT880にそっくりだし、音も良さそうで幾らかと思ったら7000円ぐらいとな。
メーカーは中国。

TAKSTER HP > ABOUT US
http://www.takstar.com/eng/about.asp

「何処のテーマーパークだよ…?」
面白い社屋だな~。
1995年設立の新しいメーカーか。

ヘッドホンは10機種ぐらい出してるらしいのが、どれ見ても「どっかで見たことあるような…」という感じ。

TAKSTER HP > Headphones
http://www.takstar.com/eng/hotproductsclass.asp?CID=A08

やっぱり以前話題になった何処ぞの遊園地が思い浮かぶのね…(苦笑)

本体デザインはbeyerdynamicに「似てる」けど、実はドライバユニットはaudio-technicaにそっくり。
調べるとどうもコレaudio-technicaのATH-AD500と非常に良く似たドライバユニットをしているらしいと分かった。

soomal.com>得勝TAKSTAR HI2050頭戴式耳機 圖集
http://www.soomal.com/doc/20100001322.htm

ホーム > 家電 > ヘッドホン・イヤホン > オーディオテクニカ > ATH-AD500 > 画像1
http://review.kakaku.com/review/20461510045/ReviewCD=340501/ImageID=28380/


実はAD1000のドライバなんて入ってんじゃないかな~とか期待したものが、そういうことは無かった。
恐らくこのHI2050はaudio-technicaのAD500相当の機種と考えて良いんじゃないかと思う。
価格もちょうど同じぐらいだし。

ハウジングの作りがDT880と「丸か楕円か」という違いぐらいしかなくて、内部の吸音材から、振動板前面のフェルトイコライザまで完璧に類似している。

「パクリ」というと言葉が悪いのが、beyerの構造は好きだから、そういうとこ真似するのは一向に構わない。
(おれっちパクられる側のメーカーの人間でもないし)
まあ、DT880と同じで非常に癖の少ない綺麗な音が鳴るんでないかと思われる。

他にも密閉型のPro80、下位開放型のTS671というモデルもフジヤさんで取り扱いを開始するらしい。
管理人は買うつもりはないが、個人的に結構「アリ」なヘッドホンではないかと思う。


FUJIYA AVIC ONLINE SHOP

Takstar HI2050
Pro80
TS671



【円高還元】 サウンドハウスでWestoneがやすぃ!!!

今UM3Xについて記事書いた後気付いたんだが、サウンドハウスでWestone製イヤホンの値段が大幅に下がっている!


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>イヤホン>カナル型>Westone 


…って言うか今見るとWestone4とUM3XRCが同じ値段なんだが(笑)

しかもeイヤホンの中古と同じ位の価格にまで下がってんの。

円高ってマジ怖いニャ~。

11/18 サウンドハウスにATH-CKW1000ANV在庫在り、送料無料!

本日発売のaudio-technica50周年記念モデルATH-W3000ANV、ATH-CKW1000ANV。

何れも貧乏な管理人には無縁の限定モデル、業務用がメインで扱わないか?と思いつつサウンドハウスを覘いたら、意外にもCKW1000ANVの在庫があった!(11/18日現在)


ATH-CKW1000ANV
ATH-CKW1000ANV
しかも現在「送料無料キャンペーン」やってるから、田舎住みで手に入らない人も良い機会だと思う。

恐らく、このアフィ記事を読む人の多くが確認するころには既に売り切れてしまってるだろうが、念の為に確認されたし!


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>イヤホン>カナル型>AUDIO TECHNICA ( オーディオテクニカ ) /ATH-CKW1000ANV


サウンドハウスでEtymotic Research ER4-PT取り扱い開始

サウンドハウスでEtymotic Research ER4-PT取り扱い開始。




ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER-4P/T

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER-4P/T
ポータブルオーディオでも十分な音量を鳴らしてくれるよう、低インピーダンスに設定。ETYMOTIC RESEARCH最高峰のサウンドをiPodやiPhone、その他ポータブルオーディオで存分に堪能することができます。フライトアダプターが付属、飛行機の中でも最高峰のサウンドを楽しむことができます。


「T」は恐らく「Travel」の意味であって、ER4シリーズの所謂「フライトモデル」だと思われる。
ER-4Pのセットにフライトアダプターが付属する。

加えて周波数特性の測定結果がサイン入りで同封されるらしい。

それ以外の違いは無いらしい。

サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>カナル型>ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / ER-4P/T





また、同じくEtymotic Researchのキッズモデルもサウンドハウスで取り扱い開始。
その名もETY-Kids。

ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / EK5
ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / EK5

Sound heard through ETY•Kids earphones will not exceed safe levels, so parents can rest easy. Even at the maximum volume setting on portable players, kids can listen safely for up to four hours per day. And because ETY•Kids earphones block background noise, and provide high-definition sound quality, kids will be able to hear every detail, and won't complain that the volume is too low.
(ETY-Kidsを通して聞かれる音は安全な音量を越えることがありません。なので、親御さんは安心です。例えプレーヤーを最大音量にしても、お子様は一日四時間までなら安心して使用出来ます。またETY-Kidsイヤホンは環境音を遮断し、繊細な音質を提供します。その為、お子様は低い音量でもマンゾクして、すべての細かな音も聞き取ることが出来ます。)

驚くべきはインピーダンスで、なんと300Ωもある。

≪スペック詳細≫
Frequency Response:20 Hz - 15 kHz
Accuracy Score:85+%
Transducers:Reduced-output 6-mm neodymium moving coil driver
Noise Isolation:35-42 dB
Impedance (@1 kHz):300 Ohms
Cable :4 ft with 3.5 mm plug
Warranty:1 year
CUSTOM•FIT Option

これだとボリュームを無理に上げようと思っても上がらないから、安心ということらしい。

デザインがmc5とソックリなのが、ドライバ直径がmc5が8ミリに対して、EK5は6ミリであり、ハウジングの直径も子供の耳にあわせて若干小さくなっているらしいことが考えられる。
価格もmc5よりも抑え気味。

サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>カナル型>ETYMOTIC RESEARCH ( エティモティックリサーチ ) / EK5




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。