糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

audio-technica ATH-ES10 写真

フォトレビュー。


『audio-technica ATH-ES10』
ES10.jpg
ハウジングがキラキラで写りこみを防止するために、加湿器に当てて曇らしてます。
汚い部屋と、イケメンフェイスが露出するのを防ぐ為です(笑
敷いてあるのは、付属の巾着袋。



『ハウジングアップ』
ES10_cup.jpg
ご覧の様にテカテカ。
水銀の玉の様。
晴れた日に外で使うと、ちとまぶしすぎるかもしれない。



『バンド』
ES10_band.jpg
ESW9と同じようで違う。
別に流用しても良かったはずなのだろうが、デザイナーの方が拘ったのかもしれない。



『パッド』
ES10_pad.jpg
外:直径8センチ。
内:同じく4センチ。
厚みは1センチほど。
ESW9よりも少し薄い感じがする。



『バッフル』
es10_baf.jpg
もはやドライバが大部分を占めている。
直径53ミリのドライバはさすがに大きく貫禄がある。



〈分解してみる〉



『ドライバ裏』
es10_brk1.jpg
非常にがっちりした作りで制振性が高そう。
「ABS+GF」と書かれてあるのが分かるだろうか?
これが製品紹介にある「グラスファイバー入りバッフル」のことである。
触った感じもプラスチックよりも含みのある感じでしっかりしている。



『カップ裏①』
es10_spg.jpg
黄色い吸音材はESW9の中に見つけたものと同じもの。
非常にホコリっぽいっす。(ゲホゲホ)



『カップ裏②』
es10_cup2.jpg
吸音材を取り払ったところ。
意外や意外。。大部分がプラスチックで覆われている。
中央の銀色部分が外から見えるチタン殻なのだが・・・。
ESW9のパドックように、積極的には音作りに参加させて貰えていないようである。
が、打撃音の制振性の高さはさすがにチタン。



『まとめ』
es10_brk6.jpg
質感が高く、かなり剛性に優れる作り。
持った感じも重く、従来のポタホンのそれとは一線を画す。
音の制動をそのまま目で見たような気がした。

音質のレビューは今しばらくお待ちを。




(スペック詳細/販売店リンク)


audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-ES10

※販売価格はコチラ

audio-technica ポータブルヘッドホン ATH-ES10
おすすめ度の平均: 5
5文句のつけようがない・・・
4ECOではないかな?
5モンスターポータブルヘッドホン
5鳴らし込み無しでここまで。。
5やっと出会えたヘッドフォン

【特徴】
・ 当社ポータブルヘッドホン最大口径※のφ53mmドライバーによる高音質設計。
当社室内用大型ヘッドホン、アートモニター(A)シリーズの上位機種をベースにした新開発φ53mmドライバーを採用。室内でしか味わえなかった高品位なサウンドを屋外でもお楽しみいただきます。
・ 音響特性に優れた高剛性チタンハウジング採用。
・ 深みのある低音再生(PAT.P.)を可能にするボビン巻OFCボイスコイル。
・ 剛性に優れたグラスファイバー配合バッフルでクリアな中高音再生。
・ 密閉型構造ハウジングで音漏れ防止。
・ 折りたたみ可能で収納、持ち運びに便利。
・ ポータブルプレーヤーに最適な1.2mコード採用。
【仕様】
型式 密閉ダイナミック型
ドライバー φ53mm、
ボビン巻OFCボイスコイル
出力音圧レベル 102dB/mW
再生周波数帯域 5~40,000Hz
最大入力 2,000mW
インピーダンス 42Ω
質量 200g(コード除く)
プラグ φ3.5金メッキステレオミニ
コード長 1.2m
FC2 Management
[ 2010/01/31 22:58 ] audio-technica ATH-ES10 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。