糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「神機」EC700Tiへの愛を語るコーナー

audio-technicaのATH-EC700Tiよりも音が良いと感じるダイナミック型ヘッドホンをおれはしらない。

オーバーヘッドも含めて、管理人が聴いてきたヘッドホンでEC700Tiの右に出るものはないかな?
こやつはズバ抜けて定位感が良いし、音色も非常に綺麗。

何が良いのかと考えると、第一に小口径であることと、その振動板の組成の良さだろうと。

オーテクのイヤホンは特殊なボイスコイルの引き方をしている(全部じゃない)というのは振動板のカテゴリで説明したけど、そのお陰だろうが、低域からハイミッドにかけて音像定位がバツグンに良い。
スマートな音像がピシャリと張り付いていて、非常に安定感がある。
ともすればなんか分離が良すぎて、曲によっては空間が開き過ぎるエリアが出てくるぐらい。
それぐらい定位が良い。
EC700Tiよりも定位の良いイヤホンなんて無いんじゃないか?

第二には、ハウジングの制動性の良さだろうと。
ハウジングがチタンで尚且つ、口径がヘッドホンに比べて小さいから、共振とかが起こり難いんだろうと思われる。
Sennheiserのインナーイヤーも良い線行ってるけど、プラスチック製のものが多く、モノによっては音の端々で「臭い」ものがある。
EC700Tiは打撃音の定位も良いし、制動感も良いから、何か音に芯が在って、15ミリ程度ながら、ガツンとした締まりの良いアタックが気持ち良い!


まあ、解像度はフツーに高いと感じるぐらいなのが、定位感の良さと、付帯音の少なさでEC700Tiは唯一無二の素晴らしい音を実現していると思う。


残念ながら後継機はEC700程良い感じがしないし、こんなスバラシイイヤホンを廃盤にするオーディオテクニカの神経が良く分からん(笑)
中古かオクで見かけたら、直ちに管理人にテレパシーを送って伝えるように(笑)


スポンサーサイト
[ 2011/10/23 16:34 ] audio-technica ATH-EC700Ti ☆☆☆☆☆ ♥ | TB(0) | CM(-)

audio-technica ATH-C505 写真

audio-technica ATH-C505 写真記事/レビュー(というか悪口)


一ヶ月ほど前、オサレで安いイヤホンがオーテクから発売されたというのでワクテカして買ってきた。
そしたらコレがあんまりにも地雷だったので、こんな機種の記事書いたらメーカーに悪いだろうと思って書かなかったのが、やっぱり書くことにした。

―ATH-C505。

audio-technica ATH-C505 パッケージ 本体
DSCN0893.jpg
DSCN0894.jpg
まあなんていうかイマドキのオシャレなデザインのイヤホンだと思う。
デザインは管理人的に100点。

DSCN0896.jpg
バックポートの位置がクール。
真横から見ると、ケーブルの方から延びた足が上をブリッジする形。
DSCN0909.jpg
イヤパッド嵌めても全く被さらず綺麗に見える。
と・こ・ろ・が、折角イヤパッドと相性が良さそうなデザインなのにイヤパッドは付属しない
ここら辺から、「ん・・・?違ったかな?」って、聞く前に直感的に謎の猜疑心が起こった。


DSCN0895.jpg
音の出るとこ。
金属メッシュにラバーキャップを被せるタイプ。
分解するにはラバーキャップを外し、さらに振動板のガードも外す。
DSCN0988.jpg
破壊覚悟で分解したのが上。(後で右側のユニットが断線したニャ!涙 )


敢えて写真だけ見て知ったかぶりしないで実際に聴いてみた感想としては、

一、漠然いつものオーディオテクニカの音でない
百斤のイヤホンと音がソックリ・・・これは恐らく㌧でもないヘボいドライバユニット使ってんだろうと分解する前から分かる。

二、高域が割れ易い
シンバルが「ピシャーン!」って感じに痺れる。
振動板がやたら薄いからこうなるのか、なんなのか?

三、パッケージの「バス・ディメンション・・・」は効果が無い
振動板が大きめで低域の再生に期待していたのに、実際は延びが無くボヤボヤしたローミッド息切れの暈やけた眠い音色。
これなら、iPod付属の方が遥かにウケがいいと思う。
というかそれ以外の点でも、性能的に負けている。

四、定位が悪い
ローミッドよりの周波数特性であり中域音像が膨らみ易いというのもあるのが、振動板が割れ易く全体的に音像が散り易い。
打撃音も中央にまとまらず、インパクトが薄い。
結果的に聞いた印象が不明瞭で何が良いのか全く分からない。

五、解像度は悪くない
値段なり。

・・・と言った感じで、ハッキリ言って音が良くない。
値段なりかと言えばそう言えるかも知れないのが、iPodのイヤホンに比べて性能的に劣っていると言わざるを得ないから、これはダメホン認定するしかない。

デザインがすごくお気に入りなのにユニットが外注なのか、音が・・・。
はっきり言って百斤のイヤホンより解像度が少しマシなだけのイヤホンに感じた。

出来ればこのデザインで自社ユニットでやり直して欲しいと思う・・・。


とりあえずコレは買わない方が良い。
コレ買うなら三倍近く奮発しても、下のCM707の購入を強くお勧め。
見た目もさらに高級感が高いし、満足度もそれ以上のものがあると思う。





audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707
audio-technica ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-CM707

● 音の厚みを補完し迫力ある低域再生を可能にする新設計レゾナンスダクト構造を採用。
インナーイヤーヘッドホンにありがちな低音の音抜けを補完する新設計レゾナンスダクト構造を採用。しっかりとした低域再生が楽しめます。
● 新開発φ15.4mmドライバーで解像度の高い中高域再生を実現。
インナーイヤーヘッドホンとしては最大級クラスを誇る、新開発のφ15.4mmドライバーを搭載。解像度に優れた中高域再生を実現します。
● 精密切削アルミ合金と高弾性エラストマー素材のクランクブッシュで優れた装着感。
筐体には削り出しのアルミ合金を採用し軽量化。また、ブッシュ部には弾性の高いエラストマー素材を使用しクランク処理を施すことでリスニングポイントのズレをなくし、装着感を向上します。
● 本体0.6m+0.6m延長コードでシーンに合わせて使用可能。
ヘッドホンアンプを接続するかたを考慮して、本体0.6m+0.6m延長コードを採用。さまざまな利用シーンに合わせてコードを調整し、お使いいただけます。
● 持ち運びに便利な専用ポーチ付属。
コードが絡まることなく収納できる、仕切りの入ったレザー調ポーチを付属。持ち運びの際に便利で、本体に傷を付けにくいメリットもあります。





(・・・っていう感じの新しいアフィ記事はどうだろう?(笑) )

[ 2011/09/14 17:07 ] audio-technica ATH-C505 ☆★★★★ | TB(0) | CM(-)

ATH-EC707のレビューがアマゾンにアップ

今確認するとレビューが上がってました。

>>audio-technica ATH-EC707 管理人レビュー@アマゾン<<

非常に長ったるい感じだし、読みづらい箇所が多々ある。
あんまり読まないで欲しい(笑)


※12/18追記
管理人の特技:助詞の入れ違いを発見。
あえて直さないでおく。
間違い探しでもどうぞ。
[ 2010/12/17 23:27 ] audio-technica ATH-EC707 ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

アマゾンにEC707のレビューが上がらない。。

折角、詳しすぎるぐらいに書いてやったのに、表示されない。

長すぎたのかしら?

なんかのフィルターに掛かってしまったのかも・・・表現の自由が(ry


遅れて表示される場合もあるから、二、三日待っても表示されないようなら、ブログにレビューし直そうと思う。
[ 2010/12/17 15:06 ] audio-technica ATH-EC707 ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

audio-technica ATH-EC707 写真

audio-technica ATH-EC707 写真記事。


『audio-technica ATH-EC707』
audio-technica_ATH-EC707(1).jpg
本日到着。


『本体』
DSCN0237.jpg
DSCN0241.jpg
ブラック/シルバーの本体はカチッとした締まりのある概観。
まあカッコイイと思う。


『ダクト』
DSCN0252.jpg
グイッっと伸びたところに振動版背圧調整用にポートが設けてあるのが特徴。
これが音に与えている影響というのは、計り知れないものがある。
ポートのないEC700とくらべると・・・という話はレビューの方で。

ポート音漏は然るべき量があるかと。
この型は装着して確認して貰わないと何ともいえないが、激しくもれているということはない。


『フック』
DSCN0261.jpg
DSCN0251.jpg
このフックのハウジングから伸びた部分はどうやら、プラスチック製。
EC700Tiと比べて少し太めなのは、廉価仕様で剛性の高いパーツを選択しなかったからのよう。
フックの黒い部分はゴムのような素材で出来ている。
下側の写真の奥のようにグニャッっと曲げることもできる。

装着感は正直言ってEC700の方がよい。
EC707は回転軸の位置とハンガーの形の問題で、上下の位置を合わせずらい感じがする。

それでも装着時の安定感はさすがに素晴らしいものがある。
首を激しく振っても全くズレない。
「EARSUIT」とパッケージに書かれてもあるが、「ジャージ」姿でジョギングしたりするにも満足に使えそう。


『分岐』
DSCN0264.jpg
・・・あれほど叫んできたのにケーブルスライダーがない。
分岐後のケーブル長が45センチもあるのに、これではスパイラルし放題。
購入時についているケーブルタイでも巻きつけて置くしかない。
ちょっと不満。


『延長ケーブル』
DSCN0231.jpg
本体側ケーブルは60センチと短い。
そこで延長ケーブルとして同じく60センチが付いているが、これが少し不満。
DSCN0262.jpg
なんと、本体側のケーブルよりも太く、繋いでもイマイチ一体感がないのである。
というかこの延長ケーブル、某国内メーカーのイヤホンに付いてきた延長ケーブルと同じ型。
メーカー純正ではなく、どこかのメーカーのものを頂いてきたという感じ。
接点前後で以って、なんか雰囲気が異なるのが気に食わない・・・。
また、態々延長ケーブルなんか繋ぎたくないし、接点が重くなって垂れ下がるのが気に食わない。
EC700と同じ1.2メートルに仕様変更して貰いたいと思う。(個人的意見として)



『付属のケース』
DSCN0225.jpg
管理人の使ってる財布よりも立派な感じ。
おまけとしては上々の品。
ケース容積は8×7×2.5センチ。
「中にiPodでもしまおう」・・・と思ったら↓
DSCN0229.jpg
内側が仕切りで二つに分かれているので、タブン入らないと思います。
しかしまあ、仕切りをハサミで切り取ってしまえばなかなか使い勝手も良くなると思う。

仕切りがあるのは左右のハウジングを別々に収めてケーブルはクシャっとつっこんで置く為のよう。
そうすると、プラグを引っ張るだけで絡まらず本体が出てくると。
使い勝手は考慮されてあるようで。


『まとめ』
DSCN0267_20101216214845.jpg
良くみるとやはり、EC700Tiの方が高そうに見える?
EC707はEC700で気になっていたケーブルの仕様が全く改善されていないばかりか、ケーブルが短くなって余計な延長ケーブルが付けられることになって改悪されたと、管理人的に超不満。
装着感もEC700の方が良いし!
なんか苦めな感触。。



(スペック詳細/購入店リンク)


audio-technica ATH-EC707

※現在価格/在庫はコチラで確認できます。

オーディオテクニカ ダイナミック型インナーイヤーヘッドホン ATH-EC707
≪特徴≫
● 自然な響きでクリアな広帯域再生が楽しめるアコースティックダクト構造を採用。
ドライバーから遠い位置にダクトを設けることにより、クリアな広帯域再生を実現するアコースティックダクト構造を採用。自然で厚みのある再生音が楽しめます。
● 新開発φ14.8mmドライバーで細部の音まで緻密に表現。
解像度に優れる新開発のφ14.8mmドライバーを採用。普段では聞こえにくい細部の音まで表現するなど、インナーイヤーならではの特性を存分に活かします。
● 精密切削アルミ合金と可動ハウジングで優れた装着感を持続し音抜けを防止。
筐体には削り出しのアルミ合金を使用し軽量化を図りました。耳の角度に合わせて可動するハウジングで装着感をより向上させ、音の抜けを防ぎます。
● スイングアジャストイヤハンガー機構により動きに強い安定装着。
インナーイヤーヘッドホンの脱落を防止し、安定した装着感で聴けるスイングアジャストイヤハンガー機構を搭載。激しい動きにも対応します。
● 本体0.6m+0.6m延長コードでシーンに合わせて使用可能。
ヘッドホンアンプを接続するかたを考慮して、本体0.6m+0.6m延長コードを採用。さまざまな利用シーンに合わせてコードを調整し、お使いいただけます。

≪仕様≫
型式 ダイナミック型
ドライバー φ14.8mm
出力音圧レベル 104dB/mW
再生周波数帯域 10~24,000Hz
最大入力 100mW
インピーダンス 16Ω
質量(コード除く) 約12g
プラグ φ3.5金メッキステレオミニ
コード 0.6m/Y型
[ 2010/12/16 22:00 ] audio-technica ATH-EC707 ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。