糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Etymotic Research mc5 断面写真

Etymotic Research mc5 写真追加。


海外サイトから面白い写真をパクって学術引用してきた。


『mc5断面写真』
AccuChamber_large.jpg
上の写真見てもらえれば分かるけど、このイヤホンすごい構造してる。

振動版前面から管が伸びていて、その先に障壁のような物体があって、そこにぶつかった音波が「サイドブランチ」ってところに流れて行くようになってる。
イコライザのようなものだとおもう?けど、管理人にはこれが正確に何をしているのか分からない。

パテント云々って書いてあるから、これもEtymotic自慢の特許技術の一つのようで。

オモスィロイ。
スポンサーサイト
[ 2010/12/18 20:07 ] Etymotic Research mc5 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)

Etymotic Research mc5 写真

Etymotic Research mc5フォト記事。

『Etymotic Research mc5』
Etymotic_Research_mc5.jpg
「エティモはもう購入しないって言ってたじゃん・・・」

そーなんだけど、実はmc5に限っては別なんすね。

先の理論と繋がりがあるんだけど、前面密閉型インイヤーというのは音場が歪んでいるから、本来忌避すべきものだと考えるんだけど、それでもやはり、音漏れのない前面密閉型インイヤーというのは外では無限の需要があるわけで、管理人ももちろん一本は欲しかった。
では「どういう機種が良いか」?と考えると、まず、「音漏れが無い」こと。
mc5はD型のくせしやがって、なんと、ハウジングにポートが一切ない。
こんな機種はE2c(shure)と、EC700(audio-technica)ぐらいしかない。
どれも音漏れが少なく、外ではなかなか高い戦闘能力を発揮してくれる。
(最もE2cはハウジングの作りが悪く、打撃音色の汚さに酷いものがある)

そして、前面密閉型インイヤーにおいて、重要なのは周波数特性。
高域寄りのものが、頭内/外部バランスがとれて良い。
某測定家さんが既に購入して、測ってくれているのが、コイツもやはりER4と同じようにハイミッド盛りの特性をもっている。
それ故、当機はなかなかバランスの良い音場を見せるてくれるのではないかと、期待があった。

そこに加えて当機はD型だというのがある。
ER4の気に食わないのが、打撃音の薄っぺらさだと以前書いたのが、その点当機では明確な違いがあるだろうと期待があった。

音を聴く限り、完全に予想した通りの音だったので、極めて満足しているが、音に関するレビューはこの記事には書かない。


『mc5本体』
Etymotic_Research_mc5(3).jpg
DSCN0172.jpg
ぬかぬかガッシリした作りで、非常に好印象。
ER4の「ムース・ポッキーとドングリの背比べするような」ハウジングとは異なり、コイツは外装にさらに金属を用いている。
ハンマーで叩いてやっと凹むかどうかしら?というぐらい頑丈そう。◎

プラグは「く」の字型に曲がってある。
引っ張り強度で少し劣りそうだが、ストレートプラグよりはマシだし、この角度、実は結構使い易いと感じた。


『イヤピ』
DSCN0173.jpg
写真のもの共が付く。
トリプルフランジ(大)はER4についていたものに比べ、ずっと柔らかく、色が透明のものが付いてきた。
仕様変更したのかしら?
黄ばみの目立ちそうだから、もう少し濃い目の色のが、ビジュアル的に良いのだが。


『ノズル』
DSCN0183.jpg
イヤーピースを外したところ。
太さはとくにER4と変わらない感じ。
本体表面は金属だったのだが、これはやはり外装として嵌めこんでいるだけのよう、ノズルとその根元はプラスチックだった。
個人的に、ココ金属で作らずにどうすんだって気が・・・。


『クリップ』
DSCN0190_20101207193431.jpg
ケーブル写真撮るの忘れてたが、本機はY字ケーブル120センチ、スライダー付き。
Y字ケーブルのモデルは外すとやり場に困るので、このようなクリップを付けてくれるのは素直にありがたい。
が、ケーブルに嵌める部分が小さすぎて、いくらやっても装着出来なかった。
結構力込めてやれば装着できそう。
だけど、ナントカしてくれ。



(スペック詳細/購入店リンク)


Etymotic Research mc5シリーズ (Black/Red/Blue/Green)  

Etymotic Research mc5シリーズ
Etymotic Research mc5シリーズ
Etymotic Research mc5シリーズ
Etymotic Research mc5シリーズ
≪製品特徴≫
■ダイナミック型ドライバを採用し、エントリーモデルながら原音に忠実なクオリティの高いサウンドを再現。
■締りのあるタイトな低域とツヤのある明瞭な高音域を実現しています。
■高い遮音性を誇り、雑音を35dB~42dBカット。付け心地の良い各種イヤーチップが付属。
■ブラック・ブルー・グリーン・レッドの4カラー展開。光り輝くアルミニウムボディで耳元をお洒落に演出してくれます

≪製品仕様≫
■タイプ:カナル型イヤホン
■ドライバ:8mmネオジウムマグネシウムドライバ
■インピーダンス:16Ω
■感度:100dB(SPL@0.1v)
■最大出力音圧:120dB SPL
■再生周波数帯域:20Hz~15kHz
■プラグ形状:3.5mmステレオミニプラグ
■ケーブル長:約122cm
■カラー:グリーン
■付属品:
 ・3フランジイヤーチップ:1セット
 ・3フランジイヤーチップ(フロスト・スモール):1セット
 ・グライダーイヤーチップ:1セット
 ・フォームタイプイヤーチップ(ブラック):1セット
 ・フィルターチェンジングツール:1個
 ・交換用フィルター:2個
 ・シャツクリップ:1個
 ・専用ポーチ:1個

※価格/在庫はコチラで確認してください。。 
[ 2010/12/07 19:55 ] Etymotic Research mc5 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)

ER-4Bのレビューを削除

ER-4Bのレビューを削除。

というのも4Sと聴いた感じ全然違いが分からないからで、そんなら一々同じレビュー書くことも無いと判断。
変わりに4Sのレビューに少し付け加えておいた。

[ 2010/10/19 19:23 ] Etymotic Research ER-4B ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)

Etymotic Research ER-4B 写真

Etymotic Research ER-4B フォト記事。

先日購入したER-4B。



『Etymotic Research ER-4B パッケージ』
CA3C0043.jpg
ER-4Pのパッケージは商品背景の画像がiPodだったと思う。
しかし、4Bは4Sと同じ?でレコーディングに使うミキサーか何か。
他はER-4Bと書かれてあることだけか。

そういえばこのER4というシリーズには、キチンと「MicroPro」という立派な名前があるのに、それで呼ばれることはほぼ無い。
世間では4Sとか4P、ことに当機は4Bなどと、鉛筆の芯のごとく呼ばれる。
見た目もなんか細くて、黒くて鉛筆っぽいし、せれでも良いか。



『内容物一覧』
CA3C0052.jpg
4Sや4Pと全く違わぬ光景。
何せ、違いはといえば本体のケーブルのコブの部分に書かれてある「ER-4B」の文字だけだから。
因みに写真では本体にコンプライ嵌ってるが、これは自前のものなので注意。




『本体』

CA3C0060.jpg
ケーブルは分岐前まではなかなか太くて好印象だが、分岐後は途端に細く、頼りない。
重量比的に分岐前:2、分岐後:1ぐらいの感じ。
装着しても、分岐前ケーブルに重く引っ張られる感じがある。
また本体は細く、軽過ぎて心もとない。
もう少し太くても誰も文句を言わないと思うのだが…。



『注意書き』
CA3C0056_20100601204824.jpg
「適切に着用しないと低音が出ません、また遮音性能が低下します」

といわれても、トリプルフランジは装着が気持ち悪い上、音がジョロジョロした変な音色になるし。
「原爆雲」は変性が低いので耳穴上下に隙間が出来て、結果、音がスカスカになるし。
黒スポンジはサイズ的に良いのだが、スポンジの質が極悪で軽く、低域が延びない。

結局のところ、付属のイヤピはどれも使い物にならない。
いや、相性が悪いと言っておこう。

で、何か別のものと、結局たどり着いたのが上のほうの写真のコンプライと、もう一つ一緒に買ったSHUREの黒い弾丸。
さらに両者を聞き比べてみて、違和感が無かったのでコンプライにした。



『説明書>周波数特性グラフ』
CA3C0059.jpg
Bが無い・・・比較してくんなきゃなぁ。

因みにイヤホン特性として中高域辺りに山があって、「リスナーズレスポンス」がフラットになるのが良く分からない。
外耳道内で、何だかんでそうなるらしいが、しかしこんなケッタイな特性持たせてるのはEtymoticの製品しかないのも事実。
個人的にちょっと胡散臭い気がしないでもない。
実際に聴いた感じフラット「そう」なのだが・・・なんかやっぱり高域がうるさい気が。

音については鳴らしの後に・・・。



(スペック詳細/販売店リンク)


Etymotic Research ER4シリーズ

Etymotic Research ER4シリーズ

Etymotic Research ER4シリーズEtymotic Research ER4シリーズ

≪製品特徴/仕様比較≫
ハイファイ用ステレオ・イヤフォン ER-4S-B
音楽鑑賞、DVDプレーヤなどと合わせて ミニシアターシステム用としてもお勧め致します。
インピーダンス:約100Ω(ハイインピーダンス型)
感度:90dB (SPL@0.1v)
最大出力音圧:122dB SPL
最大許容入力:3.0 Vrms

パワー・ポータブル用ステレオ・イヤフォン ER-4P
ER-4Sではどうしても音量が足りないプロ・ユースにも最適
やや中域以下はER-4Sより盛り上がった低域よりの周波数特性 大音量環境でのモニター、ポータブル機器中心の音楽鑑賞 に最適
インピーダンス約32Ω(ローインピーダンス型)
感度:102dB (SPL@0.1v)
最大出力音圧:122dB SPL
最大許容入力:0.75 Vrms

バイノーラル用ステレオ・イヤフォン ER-4B
バイノーラル用に設計された周波数特性、高域がフラットな作り 特殊なダミーヘッドを使った録音で優れた臨場感
バイノーラル研究用途では最高のイヤフォン
価格 31,500円(現金特別価格24,500円)
インピーダンス:約100Ω(ハイインピーダンス型)
感度:90dB (SPL@0.1v)
最大出力音圧:122dB SPL
最大許容入力:3.0 Vrms

≪共通仕様≫
■タイプ:カナル型イヤホン
■再生周波数帯域:20Hz~16kHz
■プラグ形状:ステレオミニプラグ
■ケーブル長:約150cm
■重量:28g以下
<<付属品>>
・3フランジイヤーチップ(フロスト・スモール):1セット※既装分※
・3フランジイヤーチップ:2セット
・フォームタイプイヤーチップ:2セット/黒タイプ
・グライダーイヤーチップ:2セット
・フィルターチェンジングツール:1個
・交換用フィルター:4個
・6.3φステレオ変換プラグ:1個
・シャツクリップ:1個
・専用ポーチ:1個
■保証について
ER4Bの保証期間はご購入日より起算して「2年間」となります。

サウンドハウスは「EtymoticResearchの正規代理店」ですのでご安心してお求め頂けます
[ 2010/06/01 21:56 ] Etymotic Research ER-4B ☆☆★★★ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。