糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

beyerdynamic DT990 E/32 (09秋のヘッドホン祭モデル) 写真

beyerdynamic DT990 E/32 Custum 写真記事。



『DT990 E/32 (09秋のヘッドホン祭記念カラー)』
DT990E32Custum.jpg
CA3C0664.jpg
色がユニークだが、元はコレ
色意外の仕様は全く同じ。
インピーダンスは32Ω、ケーブルは3メートル(ストレート)。
iPodでも使用出来ますとのこと、ケーブルが長すぎだろと突っ込みたくなる。
600Ω、250Ω(Editon2005)も有るのだし、32Ωタイプはケーブルをもっと短くして欲しかった。
相変わらず持て余す。

デザインは写真の通り。
白、黒、銀と、派手めで見た目に若々しい。
色がパンダっぽいので購入時はパンダと読んだが、いま横に置くとハウジングの通気窓がタテのストライプになってシマウマっぽいと思った。
でも、丸い感じはやっぱりパンダか。
悩むところ。



『ハウジングアップ』
CA3C0668.jpg
ブラインド状の通気窓。
金属製なので、これを指で下げて「チッ、サツが来たぜ!」なんてことは出来ない。
また、内部から黒いフィルターが張られているので、隙間から中は見えない。

強度、高級感は高く、見た目の印象に最も大きい部分。



『バンド』
CA3C0669.jpg
ここは黒くして欲しかった。
というのも頭の当たる部分、必ずや汚れてくるはず。
そうなったら、汚れが映えそうだから。

バンドは先のDT880Edition2005と同じもの。



『パッド』
CA3C0670.jpg
パッドはベイヤーヘッドホンの標準仕様のもの。
見た目の艶、肌触りが良く、高級感は上々の上。

外の直径が100ミリ、内が55ミリ。
厚みは20ミリあり、耳を覆うに十分大きい



『パッドを外したところ』
CA3C0678.jpg
DT880Edition2005と全く同じ。
薄いスポンジフィルターが張られている。
プラスチックのパッキンで固定されているので、外すにはハウジングとパッキンの隙間に、マイナスドライバーを突っ込み、こじ開ける。



〈以下分解写真〉



『フィルターを取り去ったところ』
CA3C0672.jpg
DT880Editoin2005では中央にフェルト状の黒いフィルターが貼られてあったのが無い。
Edition違いなのか、モデルナンバーが違うからなのかは分からない。(後記:恐らく、フィルターは880シリーズのみ)

中央に青く見えるのはボイスコイル。
最も重要な部品の一つだが、妙な色をしているもの。
結構素材にこだわりがありそう。



『ドライバユニット』
CA3C0674.jpg
一つ上の写真からポロッっと裏返したところ。
ドライバユニットも先のDT880とそっくり。
ただ、中央に貼られていた薄いフィルター(ダストカバー?)がここには無い。



『カップ内部』
CA3C0675.jpg
ここら辺りもDT880と全く一緒。
ドーナツ状の厚い吸音材も同じ。
この吸音材、ハウジングに貼り付けられているので剥がせない。
それ故、吸音材の裏までDT880と同じかどうかは確認できない。



『まとめ』
CA3C0676.jpg
DT880Edition2005との、明確な違いは発見出来なかった。
まさか、ユニット裏のメッシュと振動版前面のフィルターだけで有るまいし。
ユニット自体を分解しないと分からないのか?
少し悔しい。



(製品詳細/販売店リンク)


サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>開放型>beyerdynamic>DT990 E/32

beyerdynamic DT990 E/32

≪製品特徴≫
低域から高域まで優れた分解能と再現能力を持つオープンタイプの定番モデル、それがDT990シリーズです。その繊細かつ力強いサウンドは数多くの音楽リスナーに支持され続けています。軽量かつベロア仕上げのイヤークッション採用により快適な装着感を実現。妥協の無いリスニング環境を提供します。
DT990E/32は各種ポータブルオーディオでも余裕で駆動する32Ωのインピーダンスを採用。ドライブ能力に不安があった出力の低いポータブル機器でも十分に音量が確保できるよう配慮されています。良好な装着感は長時間のリスニングでも快適に音楽を楽しむことができます。
また印象的なブルーのハウジングはデザイン面でも個性を主張します。

≪製品仕様≫
形式 オープン型
周波数特性 5-35000Hz
感度 96dB
インピーダンス 32Ω
ケーブル 3m / ストレート
プラグ 3.5mm(ミニ)
6.3mm(標準)アダプター付属
歪率 0.2%以下
質量(ケーブル含まず) 270g

※現在価格/在庫はコチラで確認してください。

スポンサーサイト
[ 2010/03/27 22:27 ] beyerdynamic DT990E/32 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。