糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホン祭って昨日だったのか;

今日じゃなかったのか…。
まあどうせ遠すぎて行ける訳もないから、日付も覚えてなかった。

祭りについてフジヤさんのブログを見る限り、特に真新しい製品とかはなくて、Edition10、EX1000、あとモモイホン(実はムッチャ音がいい)が目立ってたって感じか。
T5pは?あと、デノンのA100がムサクサ気になる。
A100は管理人は今一番欲しいヘッドホンかもしれない。(金ないけど)

なんかヘッドホン祭ってのは毎回、異次元な、どうもプアオーディオとは相容れない、それ故どこか憧れと嫉妬のようなものをおれに残して終わってしまう。

も少し金持ちだったならば…。
スポンサーサイト
[ 2010/10/31 19:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

レビューを削除

HD600、DT880等のレビューを書き直すために削除。

結構テキトーに書いてきたのが、もう少し体裁良く書き直したいと思う。

その練習が先の100均のレビューだった訳。

今後は音域的な癖に沿いつつ、それに伴う音の特徴を細かく分析的に書きたい。
当ブログの趣旨ではないにせよ、ある程度音のコンストラクチャルなことも書いていかなければならない気もしてる。

[ 2010/10/28 00:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

LEITO 100円イヤホン レビュー

『LEITO イヤホン(アースカラー)』
CA3C0092.jpg
百均で買ったこのイヤホン、意外にタフなヤツらしく爆音で長時間鳴らしてやっても全然故障しない。
意外なタフさに驚いてる。
それで結構長時間鳴らしてみた結果を再度レビューし直す。


●音
カマボコ。
カマボコの中でも尤も古典的なというか、500ヘルツ当たりに癖の有るコワコワした古臭い音。
先のPRO4AAAT(KOSS)の音にも同様の癖が見られた。
しかし、あれよりも遥かに酷い。
ボーカルはモコり気味。
電話の声に近似。
どうも厚みや、温かみがなく、カサカサした印象。

低域は200ヘルツ以下ほぼ聞えない。
ドラムは画用紙を拳でバンバン叩くような、或いはもっと酷く、テーブルを指先でトントン叩くような軽く、重量感に乏しい響き。
ベースは薄すっぺらすぎて、ハナシにならない。

高域はせいぜい7kHzぐらいまでの延び。
ハウジングにシャカシャカした音の響く、電車などで他人様の音漏を聞かされているような、まさにそんな感じ。
非常にチープ。
しかし、さほど刺さるわけでもなく、聴き易いと言えば聴き易い。

音の鳴り方は極めて薄っぺらい印象。
アタマの中でスカスカしていて、非常に密度が低い。
また普通型インナーイヤーの中でも特に開放感に富む感じで、音が外へ飛んでいってしまっている。
ボーカルが頭上高くに浮かんでいて降りてこない。
「上階で誰か叫んでます」そんな感じ。


音の印象をまとめると「軽薄」で「寒々」しい。
厚み/温かみのない、荒野に響く風の音のような寂しい鳴り。


●個人的に ★★★★★(NO RATE)
極めてナローレンジでも、音楽を楽しむには一応の再現力はある。
高い開放感は音の広がりの良さと感じることが出来るし、何よりもこの貧相なつくりで音が籠もらないのはそのお陰。
何せ100円。
ライトもレフトも不具合がなく、バランス良く鳴ってくれるというだけでおれは嬉しい(笑

[ 2010/10/25 22:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

Sony MDR-EX800ST 写真/仮レビュー

本日朝、到着。



『MDR-EX800ST パッケージ』
CA3C0217.jpg
ただの白い箱じゃねーかよ。
いやまあ知ってたけど。
DVDのケース二枚重ねにしたぐらいの大きさ。



『内容物一覧』
CA3C0220.jpg
本体、ケース、イヤピ(三サイズ)、説明書。
EX1000、600などではここに加えて、ショートケーブル、高遮音性イヤピなどが付いたりする。
けど、個人的にこれで十分だろうと。
もっと過激言うならケースも要らない。
ただ最近はDAPの小型化に従って、こういう付属のケースに入れてる人も多いだろうから、やっぱりこれは外せないか。



『ケースと内部』
CA3C0223.jpg
CA3C0222_20101023114709.jpg
9×8×2.5センチ。
容積はそれよりも小さくなるが、nanoぐらいなら一緒に収納してちょうどよいぐらいのサイズなのでは?



『本体』
CA3C0227.jpg
CA3C0228.jpg
勘違いしてる人もいると思うので指摘しておくと、上の写真の面が本体裏で、下が表(つまり装着すると前にくる側)。



『ポート』
CA3C0238.jpg
写真の位置にポート。
低域の音圧を調整する為のフロントレジスターが奥にある。
非常に重要な部品。



『ノズル』
CA3C0235.jpg
ここも重要。
内部に中高域調整用にスポンジイコライザが入っている。



『ケーブル接合部』
CA3C0233.jpg
本体の溝の入ってるところを回して、ケーブルを外す。
他社製のものに比べて非常にしっかりしていて頼もしい。



『ハンガー』
CA3C0234.jpg
10センチぐらい。
EX1000、600nに比べてステージで目立たないようにするためか、若干短いらしい。
装着すると耳の下から覘くことなく、確かに目立たない。
長さも十分だし、EX1000、600はあんなに長い必要があるのか?
目立つのを嫌うアウトドア組の人はこちらの方を好みそう。



『分岐・ケーブル』
CA3C0229.jpg
分岐といい、スライダーといい、SHUREなどと比べると格段に小さい。

そして大事なケーブルだが、残念なことに細い。(分岐前で2ミリ)
耐久性を考慮して作られたモデルだったはずだが、これじゃ頼りない。
しなやかで、長い(1.6メートル)のを束ね易いのは良いが、もう少し太くても良かったのでは。



『プラグ』
CA3C0231.jpg
悲鳴を上げそうになった(泣
最下位のEX50と全く同じ。
まあ、耐久性的に問題なさそう(?)だし、飾らないから良いか。
と、無理やり弁護してみる。(実はちょっと悔しい)


写真は以上・・・。



(スペック詳細/管理人購入店リンク)


SONY MDR-EX800ST

SONY MDR-EX800ST



≪製品特徴≫
・スタジオで聴く音を忠実に再現
アーティストに軽快なパフォーマンスを約束するインナーイヤー型ながら、大口径16mmダイナミックドライバーユニットにより、レコーディングスタジオのモニタースピーカーさながらの自然な周波数特性を実現。分解能が優れ、モニタリングに適しています。
・スタジオモニターヘッドホンの開発ノウハウを存分に投入。
レコーディングの現場で高評価を得ているモニターヘッドホンMDR-CD900STと同様に、ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同で開発。精緻な手作業による厳密な音質調整により、音響特性の個体差を少なく仕上げています。
・ライブに適した装着性と耐久性
耳の形に合わせて形状が調整できるフレキシブルイヤーハンガーを採用。確かな装着性が得られます。また、最大500mWの高耐入力、アクシデント時の容易なコード交換など、ライブ環境に適した耐久性と機能性を実現しています。

≪製品仕様≫
■形式:密閉ダイナミック型
■ドライバーユニット:16mm、ドーム型(CCAW採用)
■最大入力:500mW
■インピーダンス:16Ω
■音圧感度:108dB/mW
■再生周波数帯域:3~28,000Hz
■コード長:約1.6m リッツ線 Y型コード
■プラグ:金メッキL型ステレオミニプラグ
■質量:約7g(コード含まず)
■付属品
 ・イヤーピース(S、M、L各2)
 ・キャリングケース
 ・取扱い説明書

※完全にプロフェッショナル商品の為、保証は初期不良のみの対応となります。
※現在在庫/価格はコチラでご確認ください。
[ 2010/10/23 13:39 ] Sony MDR-EX800ST <無評価> | TB(0) | CM(-)

eイヤホンの比較表に嫉妬

さっき作ったチャチな比較表、eイヤホンも同様の表を作ってあるのを発見。

http://image.rakuten.co.jp/e-earphone/cabinet/00749087/img57288038.jpg
http://image.rakuten.co.jp/e-earphone/cabinet/00749087/img57288039.jpg

なんかクソ見易くて嫉妬。
こういうのってどうやって作るのか…俺の仕事はなんだったんだ…


しかし俺のはコピペし易いように作ってあるし、違いに関して色を変えてあるから見易さで負けてはいない!


…と、信じたい。


明日はEX800STがやっと届くから、早めに消灯。
届いたら写真でも。

(でもおれが急いでアゲなくても既にネット上は綺麗なイメージで溢れてるか…二度虚しい)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。