糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホンの音場は二種類に分かれる

いい加減明確にしておいた方がいいと考えているのが、ヘッドホンの音場の形成要因とそれに因る音場の二種類の語りについて。

管理人の考えではヘッドホンの音場は、以下の二つに分かれる。

第一音場:『構造的音場』
第二音場:『解像度的音場』

構造的音場というのは、簡単にいうとヘッドホンそのもの構造のことであって、それはも少しいうと振動版前面/背面の空気の状態などである。
構造的音場の形成要因と考えられるのは「音場内向き」にはイヤパッド、バンド側圧。
「音場外向き」にはハウジングのポートが要因となって音場が変化する。
他にはバッフルレジスターの存在や、ユニットの位置などによっても変化する。

一般的に「密閉型よりも、開放型のが音場広い」というのは、この構造的音場の広がりのことである。
背面開放型では、音はハウジングに遮られることなく、外へと放射状に広がりをもつというのはもっとも分かり易い例である。

或いは、振動版前面の密閉度の高いヘッドホンやイヤホンにおける、管理人の定義する収斂音場というのもこの構造的音場のカテゴリーに分類される。


二、の解像度的音場というのはその名の通り、ヘッドホンの再生解像度に由来するステレオ的音場感の精度ことである。
スピーカーのそれと全く同じと理解してもいいものである。
ところがヘッドホンというのはスピーカーと異なり、発音体の総体が耳に近い為か、実感される音場というのはスピーカーのように一元的にステレオ音場感だけでは語りきれない。

比喩で表現するとこの二つの音場は「キャンバス」とそこに「遠近法で描かれる絵」の関係に似ている。
「構造的音場」がキャンバスであって、その上に書かれる絵が遠近法によってもたらす奥行き感が「解像度的音場」感である。
絵画のそれとは違ってヘッドホンの基盤となる「音のキャンバス」というのは「まっ平ら」なものほが寧ろ少ない。
多くは振動版前面の密閉空気によって中央が凸歪んでいたり、背面ポートによって外へとグイッと伸びたものなどが、ヘッドホン種々それぞれによって個性的に形がある。
そして、その大小なりとも歪んだキャンバスの上にステレオという遠近法で描かれるのが音源なのだが、これは原音に対して解像度が高いほど、音は「奥ゆき感」として感じられるようになる。

二つの音場の関係を考えるならば、どちらも重要であるけれども、管理人は第一音場として『構造的音場』の方を重視、或いは唯一の音場として定義したいと思う。
と言うのも、構造的音場というのは全ての音像が乗っかるベースであって、それが一番重要であるには違いないからである。
(構造的音場が歪んでいれば、解像度的音場も歪むのである)
また、解像度的音場というのはケーブルや振動板などのミクロな物理的特性に因るところが多いが、その変化の度合いというのは構造的音場の比ではない。
構造的音場は一聴して感じるほど明確に聴感に影響を与えるが、解像度的音場(奥ゆき感)は解像度由来のものであり、その認識できる閾値は個性にもよるが、一般に非常高くなる。(管理人のような糞耳では難がある)
また、解像度的音場というのはその名前の通り解像度的要素であって、それは音場と言うよりは寧ろ、解像度の一要素として丹念に語る方が、素性にあっているようにも思う。

第一音場:『構造的音場』 (語るべき音場)
第二音場:『解像度的音場』 → 解像度


あれやこれやと気儘に書いて来たこともあるが、少なくともただ一つ、コレだけは理解して貰いたいことがあるとすれば、「これら音場を混同するな!」ということ、コレに尽きる。
何やら至るところで、管理人が定義してきた二つの音場を全く区別も出来せずにゴッチャにして語りやがるものだから、何がなんだか分からなくなっているようなところがある。
一度明確に分離するようなことは必ず、必要なことであるように思うのが・・・?
スポンサーサイト
[ 2011/02/27 13:25 ] 糞耳的ヘッドホン解釈 | TB(0) | CM(-)

10PROを返品/レビュー

昨日中にeイヤホンに送っておいたのが今日中に着いたらしく、メールがあって、「お申し出の症状がはっきりと出ております」(メール引用)ということで返金処理ということになった。

正直、結構微妙な問題であって、「異常が見つかりませんでした」とか、応答してくんじゃないかと思っていたのが、上のような感じで結構理解して貰えたようで管理人としてはホッとした。

返品したのはいいが、何か虚しい。
暫くイヤホンの購入は遠慮することにする。

で、レビューはどうやねんってことだが、昨日咄嗟に送ったのでレビューしてる間がなかった。
しかしまあ、10PROでググリでもしたらいくらでも出てくるし、管理人が書くまでもないかと。
しかしまあ、一応管理人の感想を軽く書いておく。



『Triple.Fi 10PRO』
ULTIMATEEARS_TripleFi_10pro.jpg
※上イヤピはソニーのハイブリット(L)



●音域特性/音色感
低域の伸びの良いフラット。
若干左よりの重心ではあるか。
巷のレビューで読むよりは、低域はさほど盛っている印象ではなかったのが、確かに少しなだらかに膨らんだ感じがないでもなかった。

ミッドバランスは低域の緩い盛り感に引かれるかたちで、ハイミッドに対してローミッドに僅かに高段差を感じた。
ER4のようではなく、ボーカルに厚みと温かみに富んでいて、なかなか良いフインキのボーカルだった。◎

高域は10kHz台まで音圧が安定して出てる感じで、イヤホンとしては珍しく、違和感は感じなかった。
ただやはりなんというか、それ以上の高周波音圧というのは下がり気味で、高い次元での音場の透明感というのは無かったのも間違いない。
やはり幾ら3BAでもこの程度かというのが正直なところ。


●音場
最初に感じたのは音場の横方向へ違和感を感じたこと。
やはり、耳から飛び出るかたちで装着する為か、発音体の位置が遠くなるからかも知れないが、少し耳の傍で音が鳴っているような印象があった。
しかしそれも暫く聴いていると特に感じなくもなる。
上方向への広がりというのは密閉型インイヤーなりに、音像が下方向へ引き摺り下ろされる印象が強く、ボーカル定位などに遠方距離感はなかった。
まあハッキリいって密閉型インイヤーはやっぱりダメだなぁと思いましたと。


●解像度
解像度の印象が初期の頃とエイジング後で随分と異なる。
初期はなんというか全体的に固くて、打撃音の輪郭にしても、少し□(四角)な印象が強かったが、慣らしこんで行くにつれて、音の輪郭が筆で書いたような滑らかな輪郭表現に変化していった。
低域、特にベースの流音表現が鮮明で「ああ、やっぱりBAだわ」と、かなり新鮮に感じた。
シングルBAよりも低域表現にBAらしさがあって、かなりオモシロかった。
その印象はローミッド辺りまで続くのが、ハイミッド辺りからは特にBAらしさと言うのは感じ難くなってくる。
その辺が糞耳の限界点というべきか、高性能なダイナミック型との解像度の違いというのはチト分からんというのが正直な感想。


●総評
思った良りもフラットで聴き易かった。
それでも結構ウォームな音色で、万人受けしやすい、馴染み易い音色であるように思う。
シャリッけもさほどに、その点でも聴き易い。
低域の力強さと言うのが、たくましく良く響く。
コレに比べると高域寄りのシングルというのは実にロー~ローミッドの表現がお粗末だなぁと、反射的に感じてしまう。
しかしまあ、孔あきイヤピでそのまま使えるほどもパワフルでもない。
管理人的に低域にBA三基はほすぃ(笑)

個人的な感想になったが、これはBA型イヤホンとしては非常に良いイヤホンだと思う。
価格なりのものあって、管理人的に結構お勧めします。




(スペック詳細/お勧め販売店リンク)


ULTIMATE EARS / TripleFi 10 Noise Isolating Earphones

ULTIMATE(アルティメイト) / TripleFi 10 Noise Isolating Earphones
≪製品特徴≫
左右のイヤフォンに3基ずつ搭載されているドライバーと内蔵パッシブクロスオーバーにより、完璧なハーモニーを実現します。
・ドライバーを左右のイヤフォンに3基ずつ搭載
高音域専用アーマチュア1基、中/低音域専用バランスド アーマチュア2基を左右のイヤフォンにそれぞれ搭載し、非常にクリアな高音域とクラス最高峰の深みのある豊かな中低音を両立しています。
・パッシブクロスオーバー内蔵
低・中・高周波数がそれぞれ専用のドライバーに送られるので、音楽がクリアに聴こえます。

≪製品仕様≫
製品名(日本語) : アルティメット イヤーズ トリプルファイ10
型番 : TF10PRO
品番 (パートナンバー) : IF-P7PSA0006-05
JAN :4943765033776
価格 :オープンプライス
保証期間 : 1年
カラー : ガンメタルブルー
本体重量 g (ケーブル含む) : 17
ケーブル長 cm :115
イヤフォンタイプ :インナーイヤー(カナル型)
ドライバータイプ :バランスド アーマチュア トリプルドライバー
入力感度 dB SPL/mW (1kHz) :117
周波数特性 Hz :10-17k
ノイズアイソレーション(遮音性) dB :-26
インピーダンス Ω (1kHz) :32
入力端子 :3.5mmステレオミニ (金メッキ)
マイク : なし
コントローラ : なし
旧製品型番: Triple. fi 10 Pro

※現在価格/在庫はコチラで確認してください。
[ 2011/02/24 20:26 ] Ultimate Ears Triple.Fi 10PRO ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)

テンプロの様子がおかしい・・・

エイジング100時間経って、チョビチョビ音の変化を味わいながら聴いていたら、あれ?

ボーカル定位がおかしくなってる!

なんか、左脳の辺りに偏ってる・・・。
それだけじゃなくて、音場も左にはスコーンと広がるのに右にはなんか、詰ったように壁がある・・・。
なんだろ、音圧的に微妙に、3~5dBぐらい偏りがあるような・・・。

左右逆に装着すると、やっぱり、異常も逆になるし。
ケーブル取り替えて聴くと、やはり左の音量が少し大きい。
たぶんコレは右側のユニットに何か異常があって音が十分でていないということらしい・・・。

最初からこうだったのか??
糞耳だから気付かなかったという可能性もある。
だけど始めは満足に聴いてた記憶が・・・。

しっかし良く聞くとどちらもキチンと鳴っていて、右と左でユニットの素性が違うだけのような感じも?
ま・さ・かのリペア品で左右で違うユニット嵌められてるとか??(中古だからなきにしもあらず!)

取り合えず、これじゃ話にならないのでeイヤホンに苦情入れてくる。
T50pの中古もあって、これで二度目。。少し、不信感が募る。
[ 2011/02/23 15:58 ] Ultimate Ears Triple.Fi 10PRO ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)

テンプロの音の変化がすごい件について

さっきから100時間経過のテンプロを聴いているけど、音がすんげぇ「ま・ろ・や・か」になってる!

なんだろ、この変化のレベルは。 (パネエ 笑)
音域的な変化ではなくて、解像度的にすごく進化してる感じ。
非常に解像度が高いまろやかな音を鳴らすようになってる。
ある意味でオットリし過ぎで、ともすればタイクツな感じすら・・・!
非常にモニター的な整った音を鳴らしているので驚き。
初期とのギャップ甚だしい。

モニターっぽいのはいいけど、管理人、低域寄りだと聞いてこのイヤホン買ったのに全然フラットじゃんかよ!
コレじゃ穴あきイヤピ嵌めたら音域バランスが大きく崩れてしまう。(イコライザで大胆補正しないといけなくなってしまう)
そのまま聴けばスバラシイと思うけど、これではちょっと管理人の用途には合わない・・・。

エージングは普段どおり200時間経過するまで続行する予定。
その後レビュー済ませて、後は・・・どうしよう?
もっと低域寄りのBAに買い換えることになるかもしんない。

だけどコイツは良いイヤホン!
[ 2011/02/22 00:07 ] Ultimate Ears Triple.Fi 10PRO ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)

☆☆サウンドハウスでAKG K601ワケ有り品がやすぃ!☆☆

サウンドハウスでAKG K601ワケ有り品特価!


『AKG K601』
ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K601
サウンドハウスで一台限りの限定特価品を発見。
通常より2000円ぐらいやすぃ。
タブンこの記事を多くの人が読む前に売り切れてしまっているはず。

欲しい人は早めにご確認を!


サウンドハウスHP>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>開放型ヘッドホン>AKG ( アーカーゲー ) /K601(わけあり品特価)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。