糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホンの頭内定位について(3)・・・音像伸張

続き。

頭内定位曲線が傾いていること故に音像が不自然に伸びるということが生じる。
管理人はコレを音像伸張と読んでいるのが、これの生じる原因について説明。


一つ音=音像と言ってもそれは極めて広い帯域を持つ。
vcal_spctrm_ml.jpg
vcl_spctrm_fml.jpg
コレは英語のリスニングのCDから男性の声と、女性の声の一部を再生した際にスペクトラムを取ったもの。
見て分かるように非常に広い帯域を持つことが分かる。

一つの声の音像が広い帯域を持つものであり、これを先の頭内定位曲線にテキトーに当てはめてみる。
onzousincyo-vocal.jpg


するとどうなるかと、一つ声の音像と言っても、含まれる周波数毎に定位距離が異なるという怪奇な現象が起こることになる。
含まれる低周波音像「a」が、近く「a'」に定位し、「b」は幾分近い「b'」へ、擦音のような高周波音像は引き込みの影響を殆ど受けず、「c」は遠く「c'」へ定位をする。

コレを立体チックに描くと下のようになる。
otozousinncyou2.jpg
ボーカルだけでなく、全ての音像が本来的な定位位置からコチラへ向かって伸びるということを意味する。

しかもそれが演奏する、或いは発音する音程によって連続的に変化する為、音像がコチラへ向かって絶えず伸び縮みし続けるという滑稽な現象が起こる。


高い音程の音は頭内定位の影響が少なく、遠くに安定して定位をするが、低周波を多く含む楽器などの音像定位が特別不安定になる。



このように頭内定位を原理として、前後に伸び縮みする音像が「伸張音像」であり、この現象を管理人は「音像伸張」と勝手に読んでいる。



(つづく)
スポンサーサイト

ヘッドホンの頭内定位について(2)・・・頭内定位曲線

ヘッドホンの頭内定位について(2)・・・発生原理の続き。

ヘッドホンの頭内定位について(2)・・・頭内定位曲線について。


イヤーピースや高密閉パッドを用い、且つ、バッフルポートを持たず、さらに振動板前面の空間体積の小さいヘッドホンでは頭内定位が発生すると書いた。
それでそのことについて、もう少し詳細にみて見る。



●頭内定位曲線(仮説)
先にキッチリと耳に栓をした状態での低域の音圧上昇について書き、その反面として頭内定位が起こると書いた。
これはつまり、密閉空気の影響が大きい低周波域へ行くほど、頭内定位が激しくなるということになる。

しかし、幾ら完全に耳に栓を出来たところで、イヤーピースや、外耳道の柔軟性や、僅かな隙間から空気の密閉硬度が下がってしまう。
それ故、最低域では幾ら栓がキッチリ出来たとはいえ、音圧上昇に限界が出てくる。
そのような低帯域では頭内定位も若干緩和してくるはず。

それで管理人は下のような似非グラフを書いてみた。
tounaiteii-kyokusen.jpg
頭内定位が起こる場合、周波数によって一定ではなく、周波数によって定位距離が異なってくる。
基本的に低周波ほど定位距離が近くなる。
「近い」とはどこに近いかというと、脳が位置錯誤を起こす左右の鼓膜付近と、センターの音像は鼓膜と鼓膜を結ぶ中点Mに近いということ。
中央の音像のイメージをそれっぽい図で書くと下のようになる。
tounaiteii.jpg
高域成文の多い楽器などは、本来的な定位位置から変動せず、最も遠くに音像定位する。

中音はさながら、光学分解にかけたように細長く伸びたように定位をする。

低音は頭内に圧縮され、不自然に高密度な音像を形成する。

これを全方向でみるとさながら頭の中にブラックホールのようなものがあって、音像の低周波成分を中点Mへ向かって引きずり込むような歪んだ空間のイメージとなる。
いや、実際に高密閉型タイプのヘッドホンの音場は中央に向かって歪んでいるというのが管理人の仮説。


コレについて次の次の記事と見て行く・・・。


ヘッドホンの頭内定位について(1)・・・発生原理

ヘッドホン・・・主にイヤーピースを用いるタイプのインナーイヤーヘッドホンで顕著に生じる、頭内定位について管理人の考えたことを紹介。

後で説明する音像伸張も含めて、管理人の考えたこと=妄想なので信憑性は低いのは覚悟で。


●頭内定位とはなんだ?
主にイヤーピースを用いるタイプのイヤホンや、イヤパッドの内部の容積が小さく、且つ、バッフルポートが無いタイプのヘッドホンで生じる音が頭内に篭もって感じる現象。

最近ではイヤーピースを用いるタイプのインナーイヤーヘッドホンで顕著に感じられる。

管理人は中学生の時始めて買ったソニーの密閉型インイヤーのMDR-EX51を始めて聴いた時のあの閉鎖感と、息苦しさの違和感を今でも覚えている。
それまではソニーの耳かけを使っていたから、あの低音の出方には確かに関心したかもしれないのが、やはり「何か違うと感じてたー♪」。

初めて密閉型インナーイヤーを体験した人は誰もがこの違和感を覚えるんじゃないかと思う。
もはや聴きなれてしまって違和感を感じなくなってしまった人は再度思い出して欲しい。
低音がボワッと頭の中で風船のように膨らんだり、萎んだりするあのイメージ。

この記事ではそれがまさにどういう原理で起こるのかということについて説明しようと思う。



●振動板前面の空間密閉度を高めて低域の延びを獲得する
イヤーピースを本来用いるタイプのイヤホンでイヤーピースを外して、或いはしっかりと装着出来ていない状態で音を鳴らしてみると余りにもシャカシャカした音でゲンナリする。

しかし、イヤーピースを装着し、しっかりと耳に栓をしてやると途端に低音がズンズン鳴るようになる。
tounaiteii-kyokusen3.jpg
この現象が如何にして起こるのかということが、実は頭内定位発生の原理の説明になる。

想像してもらいたいのが、自転車の空気入れ

例えば、コネクターの部分がしっかりと刺さっていないと、折角ハンドルを一生懸命に上下してもコネクターのところから空気がプシュっと抜けてしまってタイヤには全く空気が入らない。
ところが、しっかりとコネクタの刺さりを確認して再度やってみるとタイヤは上下する度に効率良く膨らむようになる。

このタイヤが鼓膜であり、上下させているハンドルが振動板だと考えて貰えればしっくり来ると思う。

キッチリと密閉されている方が、効率よくタイヤを膨らますことが出来る。

振動板の場合、単純な運動でなくて振動数・振幅が盛んに変動する。
細かく振動する高域に対して、低域は大きくゆっくりと振幅運動をするために、この密閉度の影響が低周波音でより大きくなる。
上のグラフで低域のみが音圧上昇するのはそのためであるらしい。

この密閉空気の原理に頼ることによって、小口径でも豊かな低音を獲得することが出来るというわけ。
最近のイヤホンはやたら小さく、振動板の口径も10ミリ以下のものや、BAのような超小型ユニットの機種もあるが、それが可能なのはイヤーピースのお陰。



●頭内定位の原理と頭内定位曲線
話を空気入れから、イヤホンと耳に戻してみる。

実はこの低音が豊かになるという素晴らしい過程の中で頭内定位が発生する。

コレを「紙コップ」の比喩で説明する。

紙コップAを振動板、紙コップBを鼓膜、それを結ぶ密閉空気を糸に例える。
ここでA男さんが紙コップAに話しかけると振動は空気ではなく、より効率の良い媒介である糸を通じて、遠くの紙コップBへと到達することになる。
この際紙コップBを持つB女はその音をどこから聞えるものと判断するかというと、実は本来の発信源であるA男の立ち位置ではなく、手に持つ紙コップBの位置であるはず。

このようなことが、密閉型インナーイヤーヘッドホンでも起こるんじゃないかと管理人は考えたわけ。

話を紙コップから、耳と振動板に戻す。
tounaiteii1.jpg
先のABの関係と同じで本来の発音源であるはずの振動板の振幅が、高密閉空気をさながらドライブロッドのように利用することで、鼓膜を「連動的に」振動させる。
これでは脳は発音体の位置を振動板の位置ではなく、限りなく鼓膜に近い地点にあると錯誤を起こすのではないかと考えられる。
すると本来頭の外で発生したはずの音が、脳ミソが勘違いをして鼓膜の位置(頭内)に発生するものとして音像は頭内部に定位を形成する。

つまりこれが頭内定位である。

耳に栓をすることで豊かな低域を獲得出来たのに残念ながらそれは頭内に留まる音像であって、広がりのない不自然な音になっちゃたということ。


次の記事でさらに掘り下げる。


カテゴリ整理中

ろくに整理してこなかったせいで、カテゴリが無茶苦茶。
100近くカテゴリがあって大変だ。

といわけで、要らないヘッドホンの記事整理したり、統合したりしてる。

以前「レビュー」で一括削除したところ写真記事まで消えてる機種があったりして、それも書き直さなければならなかったりメンドクサイ。

試験が近いのを理由に放置してる、おれ情けない。

ひとり言:作詞 ぶらんでー

ゲヘっ!ゲヘっ!
ぶらんでーゲヘっ!

ヤケクソ 秋の香りがするぞぅ 憂鬱の秋だ
また 塞がしい秋が来る
やり通せるのか、今のままで

ゲヘっ!ゲヘっ!
ぶらんでーゲヘっ!

ムナクソ 秋の苦味がするぞぅ 憂愁の秋だ
また うら悲しい秋が来る
やり通せそうにない、この秋は

ゲヘっ!ゲヘっ!
ぶらんでーゲヘっ!

(repeat×∞)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。