糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

K240MKIIについて

K240MKIIを聴いてんだが、最近高域が荒っぽいのが気になり始めた。
ハイミッドまではさほど気にならないだが、高域になると刺さる。(これはK272HDにも同様だった)

あんまりシャリシャした曲だと不愉快な感じがする。
「ジッジッ!ヂッヂッ!」ってZ音に癖を感じる音で、振動板が割れてんじゃないかと思う。
イコライザで高域を上げようとするまでも無くシンバルが煩いのね。
あえて高域を丸めて聞いてる。

解像度も価格なりにあると思うし、弦楽器が滑らかに聴こえるし、癖も少ない方でいいと思うんだけど、少しこの点辛いかな~と思う。

四つ星に評価を落とそうと思う。

スポンサーサイト
[ 2011/11/30 21:45 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)

Sennheiser HD380PRO 分解画像リンク

sennheiserの密閉型タイプの最上位機種HD380PROの分解画像リンク。


Head-Fi.org › Forums › Equipment Forums › Headphones (full-size) › Sennheiser HD 380 pro - photos
http://www.head-fi.org/t/575062/sennheiser-hd-380-pro-photos


分解画像の宝庫「Head-Fi」のHD380PROスレッド。

振動板の形状がHD650にそっくり!
そしてバッフルのポートの位置が独特で、振動板上部に乗っかるような形で配置されているのがおもしろい。

当機だけでなくて、Sennheiserの密閉型にはハウジング内部が二重になっているものが多いが、低域の音響特性の向上に一役買っていそう。
また背面からの音漏防止、遮音の面でも若干有利かもしれない。

実際聴いたこと無いから妄想に過ぎないのが、HD650のような安定感のある音に、サイズの割に密閉臭強いタイトで伸びの良い低音が出るんじゃないかとおもう。

個人的にかなり興味がある機種。



[ 2011/11/30 17:11 ] その他記事 分解画像リンク集 | TB(0) | CM(-)

ヘッドホン分解画像のリンクを作ってゆく

管理人が購入の際に必ず参考にしているヘッドホンの分解画像のリンクを作成しようと思う。

ハウジング内部の様子とか、バッフルの構造、振動板の造りなどは大変大事なもんで、これらの写真をアップしてくれているサイトのリンクを作成して行く。
出来るだけさわりの無いように、個人のホームページなどは避けて。

普段からリンクを集めているのが、一部のマニアックな購入者以外はヘッドホンを分解して、ましてアップなどしないものだから、まだ50機種ぐらいしか集まってない。
しかしそれだけ見ていても、メーカーによって違う設計思想と音の違いが「見えてくる」からおもしろい。

リンクは長続きするように一機種づつ作成して行く。
もう、安物から高物まで見つけ次第リンクを作成する予定。


[ 2011/11/30 16:39 ] その他記事 分解画像リンク集 | TB(0) | CM(-)

ひとりごと 2011/11/27

出費が多すぎてば、ヤバイ。

実は最近目が悪くなって来たので、眼鏡を購入したりした。(初眼鏡)
2万円ぐらい。

カバンを買ったし、自転車のタイヤ張ってる針金あるじゃん?放射状に。
あれがね、四本ほど外れちゃっててね、これ以上乗ってるとある日突然…大変なことになりそうなんだ。(ゾッとするよ)

何よりも車の免許撮らねばならんので、その費用30万ブッ飛んだのが痛い。
大半は親が出してくれるんだが、細かい申し込み費用だとか残りは貯金から負担した。

んな訳で今、 お 金 が な い 。

新しいDAC付きヘッドホンアンプでも、高いの、買おうと思っていたのにぃ…。

まあ、せいぜいこの冬はK550と、ソニーのXBA-1ぐらいで精一杯。

貧乏なブログだよ、全く。
今後に期待!…しないでほすぃ。

beyerdynamic DT770E/600 写真・・・(再掲)

beyerdynamic DT770E/600 写真記事。


レビュー削除した際、一緒に写真記事も削除してしまっていたのに気付いた。
写真写りもいいし、再度アップしておこうと思う。



beyerdynamic DT770E/600
DT770E600(2).jpg
DT880や990に比べると低域の豊かさというのがなく、その分ベイヤーの鮮やかな高域が際立って聴こえる、シャリシャリしたぬくもり感の無い、寒い音色のヘッドホン。



ハウジング
DSCN0037.jpg
ジャーマングレーのハウジング。
990や880の金属メッシュに比べるとちょっと安っぽい感じがしないでもない。


 

DSCN0040.jpg
相変らず何のためにあるのか全く分からない、アジャスター部の「耳」。
デザイン?
MANUFAKUTUR(メーカーサイトで自分でデザイン決める)するとここに好きな文字を入れることが出来る。



ヘッドパッド
DSCN0041.jpg
クッション性は申し分ない。
ただこれ、長いこと使ってるとベトベトになってくることがあるらしい…。
風呂上りとか、髪が濡れた状態で装着するのは避けた方良いかも…。
PROバージョンはまた素材が違うのでこの心配が無い。



プラグ
DSCN0044.jpg
「600Ω」の表記があるが、これ以外他のインピーダンスモデルと見分ける術が無い。
(32Ω版も同じ色になったし。)



パッドを外す

≪画像喪失≫

パッドを外すと880、990同様にバッフル面に薄いスポンジがパッキンで留められている。



パッド及び、パッキンとメッシュを外す
DSCN0053.jpg
放射状にバッフルポートが配置されている。
880の場合、中央の穴を塞ぐ形でフェルト上のメッシュがさらに張られている。
高域の音圧を下げる為?だと思うのが、770はそれが無く、990と同じ様子。



ハウジング内部
DSCN0058.jpg
DT77は密閉型だが、後頭部側のバンドアームの付け根辺りに一つポートを持つ。
穴の直径はケーブルの太さぐらいか。
DSCN0072.jpg
音漏れは殆ど気にならないと思うが、これがお陰で密閉型らしからぬ低域の出方をすることになる。
ハウジング容積がデカイこともあり、所謂弾みのある低域は出ず、開放型のように癖の少ない低音表現となる。



ユニット裏
DSCN0061.jpg
ドライバユニットを囲うような形で、柵が立ててあって、そこに吸音材が巻かれてある。
ハウジング内部でユニット裏の中央と、その外のバッフルポート側に、吸音材を隔てて分かれる構造。
この吸音材のお陰か、やはり打撃音にしても直接的にはハウジングの質感を感じず、少し幕を貼ったような印象で薄っすらとハウジング臭がする音となっている。



ユニット裏(L側)アップ
DSCN0062.jpg
中央にかなり存在感のある構造物。
一部のaudio-technicaや、sennheiserの密閉型にある、二重ハウジング的なものか。
低域の音圧をコントロールするものらしい。



接続部
(L)

DSCN0064.jpg
(R)
DSCN0075.jpg
+-がRLで逆になっているが、これで正しい。
「ユニット裏(L側)アップ」のように、ユニット裏にマジックでマーキングされている方がプラス、そうでない方がマイナスらしい。
リケーブルなどの際には間違えないようにしないといけない。

端子についているのはドライバユニットを保護する為のダイオード。



まとめ
DSCN0071.jpg
当機は密閉型と言いながら、半開放的…とまで言わなくとも、密閉型臭くない鳴り方をするヘッドホン。
「上位機種」のT70の分解画像も見る限り、同じように小ポートが設けてあるらしい。
ただユニット裏に写真のような吸音材の囲いはなく、言うまでも無くドライバユニットも違うし、音がどう違うものか…すごく欲しいものが、高すぎて買えない。
悔しいが仕方無い…。


以上、再掲。



(おすすめ販売店:サウンドハウス)



サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>ヘッドホン>密閉型ヘッドホン>beyerdynamic

[ 2011/11/27 00:13 ] beyerdynamic DT770E/600 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。