糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sennheiser HD600、HD650の分解方法

HD600を分解する。
HD600.jpg
先の写真記事にて、「分解の仕方が分からない」と言うことで断念していたHD600の分解、HD650の分解方法を記載してくれているサイトがあり、それを参考に分解してみた。

以下HD600、HD650の分解方法

『ヘッドバンドのアームに対して90度近くまでハウジングを捻る』
HD600_how-to-break1.jpg

捻るとアームがハウジングの穴から抜き出るのでそのまま引っこ抜く↓

HD600_how-to-break2.jpg



『バッフル』
HD600_baffle.jpg
イヤパッドを外したところ。
相変わらず面白いデザインにしげしげと見入ってしまう。



『背面のメッシュを取り去ったところ』
HD600_baffle2.jpg
メッシュは外周に沿って満遍なく引いてやるとスムーズに取れる。
こちら側も面白い構造で、見た目は微生物?
或いは有機的な何か、生物の細胞とかそんな印象。

虫眼鏡のような形をしている部分がドライバーユニット。
四本のツメにホールドされている。

この外し方だが、管理人流では写真のヘッドバンドのアームの穴のあるところ二箇所に力を加えユニット自体をバッフルから押し出す。
四箇所のツメが取れたら、あとは普通に引いてやればよい。
少し荒っぽい方法かもしれないが、素材がカーボンなので大丈夫だと思う。
素材の特性=軟性を利用した良い方法だと思う(自画自賛)



『ドライバーユニット裏』
HD600_driverunit.jpg
全長7センチちょい。
他社製品のユニットのように、金属的で無く、プラスチックの地肌むき出しである。
良く考えてみれば、これがHD600シリーズの音の柔らかさの秘密なのかもしれない。
ヘッドホンは分解して納得できることが多い。



『ドライバーユニット表』
HD600_driverunit2.jpg
柄の部分の尻はケーブルコネクターのジャックになっているが、そこから細いコイルワイヤーが延びている。
余りにも細いので、今回の分解で一番気を使ったところ。



『ダイアフラム』
HD600_Diaphragm.jpg
念願の(笑)ダイアフラムアップ写真。
直径40ミリ。
乳白色のカラーに、盛り上がったドーム部。
プリントされた文字には

12.12.08
600129
Minisys

と書かれてある。
「2008年12月12日製造」はおそらく、「第600129番」の意味かと思えば、もう一方にも同じく600129との表記が。
ただ、日付は異なり「15.12.08」になっている。

「Minisys」は「Mini System」の略なのだろう。
日付、シリアルナンバー(?)と来たから、恐らく生産ラインの名前ではないだろうか。
因み手に入れたのはアイルランド製。
北欧アイルランドにある、小さな町工場を想像する・・・。



『まとめ』
HD600_all.jpg
よくよく考えて気付いたのだが、ネジ一本外さず分解出来た。
これも音響設計上のこだわりの様である。
音から、デザイン、内部ユニット全体に至るまで、非常に個性的な作りをしたヘッドホンだと思う。
ドライバ周りなど、剛性こそ高くないが、独特の音響設計を感じる、かなりこだわりの深い製品だと感じた。
「独創的」、その一言に尽きる。




『スペック詳細/販売店リンク』


SENNHEISER HD600

SENNHEISER HD600

■形式:ダイナミック型
■タイプ:オープンエア
■インピーダンス:300ohm
■感度:97dB
■歪率:0.1%以下
■再生周波数帯域:12~39,000Hz
■ケーブル長:3m (OFC)
■プラグ形状3.5/6.3φステレオ
■重量:約260g

※現在価格はコチラで確認してください。。
[ 2010/02/15 11:18 ] Sennheiser HD600 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。