糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『Cooler Master Musketeer 3』を楽天オークションに出品

『Cooler Master Musketeer 3』を楽天オークションに出品。

何かといえば、今年の夏にごろまで使用していた、オサレなPCパーツ。
5インチベイに嵌めて使う、アナログメーター付き、ボリュームコントローラー。
PCケース変えたところ、エアーフローが悪化。
とても真空管ゴッコ出来なくなってしまいました。
"ゴッコ"とか馬鹿にしたような言い方をしたが、これが以外にもイケル。
デフォルトの中国管だと「音の輪郭がぼやけるな~でも何か違うな~」程度だが、別途購入した高級管(electro-hamanixのゴールド管)に差し替えると、音の変化に驚く。
真空管サウンドなど、見た目由来のプラシーボだろうと思っていたのを覆されました。
確かに暖かくてマイルド。
かと言って明瞭さも十分持ち合わせた美音。
未体験の真空管サウンドに思わず、真空管アンプがほしくなってしまうのだが、レビューを書くには出来るだけ薄口なモノが良いと、今後も購入予定は無い。

さて、脱線するつもりは無かったのだが、以下出品したMusketeer3の写真。

『フロントパネル』
Musketeer3.jpg
微妙にくねっているパネルがセクシー。
そこから覘く真空管は、美女の瞳である。(ナンチャッテ
因みこの"瞳"だが、それそのものは光らない。
変わりに背面に小さなライトがついてあって、パソコンの起動と同時に光りだす。
真空管なら発光するはずなのだが、電流が足りないのか?
発熱はさすが真空管、言うまでもないが、パネルは触っても暖かいぐらい。

右のメーター部分は"酔っ払い指揮者"と言うところ。
音楽が始まると、小澤征爾もびっくりなぐらいトンチンカンな指揮を披露する。
右に左にブンブン指揮棒を振るのだが、これが見てるだけで面白い。
子供のころ、親父のアンプ?に同じものが付いてあって見ながら楽しんだのを覚えている。


『真空管』
CA3C0478.jpg
なかなか雰囲気良く取れているデフォルトの中国管。
内部が歪みまくってる気がするのだが大丈夫なのか??
実をいうと、文系の管理人は未だに"これ"が何をするものなのか理解していない。
説明しろと言われれば、大学の授業で教わったように説明できるのだが、自分で何を言っているのか分からないという有様。
電気もっと勉強しろと。


『付属品』
CA3C0472.jpg
箱、ケーブル類、多言語マニュアル、本体。
以上の品物。
出品ページは以下より。

【入手困難】 Cooler Master Musketeer 3 【真空管】
開始価格5000円、12日午後10時まで。
発送方法はゆうパックの匿名発送、お互いに住所がバレません。(国・都道府県は分かります)

興味ある方ぜひ、ご入札ください!


[ 2010/03/02 18:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。