糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Microsoft Natural Wireless Laser Mouse 6000の分解

最近愛用のマウス、Natural Wireless Laser Mouse 6000の調子がおかしい。
いや、最近というか半年前からずっと。

電池を入れるとずっと、赤いランプが点滅し続ける。
就寝時だろうがお構いなし、24時間ランプが付いたり、消えたりし続ける。
ただ、その点滅の仕方が蛍みたくゆっくりなので、意外に見てると落ち着く。
夜の高層ビルの明かりのようにも見える。

問題がそれだけならばまだ良いが、問題はもう一つあってそれは定期的に反応しなくなること。
ブラウジング中なんかに突然、マウスが反応しなくなり、裏のボタンを押すと直る場合もあるのだが、電池を入れ替えても全く反応しなくなる場合も多々、ある。

また、新品の電池をいれても、電池切れランプが点滅するので接触不良ではないかと思い、接触端子を拭いてみたりしたのだが、相変わらず反応しない。

そこでマウスの修理と掃除をかねて、本体を軽くバラいてみた。

CA3C0690.jpg
ナンジャコリャ??

中央に回路が一つ。
その下にも一つ。
さらに上部にも一つ。
さらに後ろには垂直なものが一つ。
隠れているが、実は上部の後ろにも同じく、垂直な回路が一つ・・・。

三階建て、合計5枚の回路から成り立ってる、恐るべきマウス。
管理人には、何がなんだか良く分からない。
取り合えず、も少しバラく。

CA3C0696_20100331183038.jpg
ここまで。
写真中央の一階、二階部分はもう少しバラけるがこれ以上は意味が無い。
因みに分離した、三階部分裏↓

CA3C0695.jpg
裏に三本のネジがあるのだが、これが電動ドライバか何かで協力に固定されてあり異常に硬い。
しかし、ここを分解しない限りはホイールの掃除が出来ない。
そこで10分ぐらい格闘したのだが、3本の内一本も外せずにストレート負け。
完全敗北。

でもホイール部分は必ず掃除しないといけない。
触るとネバネバして気持ち悪い。
かと言ってゴシゴシ水洗いも出来ず、アルコール消毒しようと考えたのだが、液がない。
そこで、非常事態に備えて冷凍庫に保管してあった安物のウォッカを、ティッシュに湿らせ拭いてやった。
どうか?と思ったが、何度か拭いてやるとネバネバが取れて割りと元のゴムっぽい感じに戻った。
殺菌効果はあるはずなので、取り合えずこれで安心。
次いでにキーボードも一緒に拭いてやった。

続いて、分解できたトップと側面のパーツを水洗い。
ミューズでゴシゴシ擦ってやったが、塗装がはげた。
隙間の汚れも歯ブラシでかき出してやって、随分と綺麗になった。
現在、サーキュレーターの上で乾かし中。

接触不良の部分は端子を軽く、ドライバで捻ってやって接触の改善を試みた。
再度組み立てて、直っているとよいのだが・・・(多分無理)




【追記】
組み直したところ、普通に使えるようになった。
やはり電池の接触不良だったらしい。
接触端子を電池の極に触れやすいように、出っ張らしてやると直った。
電池のランプも消えたまま、本体は綺麗になったし、大成功。
同じような不良を経験中の人は試して貰いたい。

・・・ところで、直ったのは良いが、テーブルの上にはネジがまだ5本も残ってる・・・。
複雑過ぎる構造の為、ネジ穴を見落としたらしい。
まあ、いいか(笑




  • 発売日 : 2007/01/26
  • 出版社/メーカー : マイクロソフト
  • おすすめ度 : (28 reviews)
    4使用2年目レビュー
    1マウス
    2耐久に難あり
    5すべらせるより、つかむ。
    1最悪


[ 2010/03/28 19:26 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。