糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

beyerdynamic T50P 紹介記事

『beyerdynamic T50P』
T50P_03.jpg
T1に続く、ポータブル仕様の"テスラ"ホン。
何とスマート。
平行バンドがメカメカしくスラッっとしていて、アジャスターはコンパクトにまとまってる。
ハウジングを掴むアームの形がどこと無く、ベイヤーのそれ。
ずんぐりなベイヤーヘッドホンが無人島から返ってきました!と言わんばかりの痩せよう。
無駄な感じが全く無く超合理的。
先進的な感じがしないでもないが、どこか古い感じがしないでも無い。
デザインは満点。

パッドや、ハウジングより察するに、かなり音圧が高そう。
SennheiserのHD25の好敵手となるか??
日本での価格は恐らく二万円前後。
同じテスラのT1と比べると遥かにリーズナブルで量産機の印象が強そう。
発売は5月下旬当たり。

T1が買えない貧乏な学生の怨恨―多分購入すると思うので、後々またレビュー等書きたい。
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。