糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

STAX SRS-2050Aが届くも・・・

今日―いやもう12時過ぎたから昨日―楽しみにしていたSTAXのSRS-2050Aが届いた。
ところが突然、世話になっていた祖父がヤバイという連絡が来たので箱を開封する間もなく、実家に飛んで帰った。

そのまま病院へ行ったのだが、意外にも元気にしていて、こちらとしてはホッしたのだが、話す話題に欠いていた(期待を裏切り引きこもっていた)為、妙にギクシャクした会話しか出来ず、そのまま面会時間一杯まで居て、そのまま直ぐに帰った。
祖父は元気な様だと書いたが、もはや嚥下も出来ずに点滴のみ。
げっそりした顔にチューブ、手足細く、この先長くはなさそう。

そんな祖父に大学について聞かれるのは非常に辛いものがあった。
入学費用から一切を負担して貰っておいて、つい先月まで「自主休学」状態だったもので、何を言おうにも、口ごもるしかない。
また、就職もロクに考えていない(しばらくフリーターしたい)のに「就職の厳しい時期に就活せんとあかんのは大変やなぁ~」とか本当に心配そうに言われた時には、もう何を言って良いのやら・・・(涙

自分かて、怠けたくて怠けているわけでも無く、世間式のエレベーターな人生パターン以外にも、もっと幸せな道は無いかと検討している最中。
根っからの怠惰根性の言い訳にしか聞こえないかもしれないが、こう見えて、休学前は公務員試験の勉強をクソ真面目にガリガリやってましたし。
今でも公務員は第二志望ぐらい。
ホワイトボード前に、尻の痛いだけの大学を中退して下級公務員でも目指そうかなとか考えてる。

しかし、こうも長ったるい言い訳話を、耳の遠くなってしまった祖父を相手に筆談出来る訳もなく、結局突っ立って馬鹿を晒していただけ。
最高に拷問的な一日だった。




------

SRS-2050Aについては近々、写真をアップしようと思ってる。
[ 2010/04/19 01:45 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。