糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アイテック MP-T1G

ツタヤにレンタルに行ったところ、なんと、DAPをくれた。
CA3C0826.jpg
「アルバム10枚借りたらプレゼント!」というサービス。
すごい太っ腹に思うんだけど。
「1GのDAPですよ山本さん?!良い時代になりましたね~」

はじめ8枚アルバム持ってレジに行ったのだが、あと2枚でコレくれるってので、結局10枚もアルバム借りることになった。
わざわざ知らせてくれた店員の人ありがとう。


箱裏にスペックが載っている。
CA3C0827.jpg
メーカーはQTEC(なのに”アイ”テックと読むらしい。
型番はMPT1G。
対応ファイルはMP3の16~320kbps、WMAの32~192kbps。
可変レートにも対応。
単四一本で再生時間は20時間と結構ロングライフ。
S/N比は90dbとなかなか良好。
管理人がエージングに使ってるZEN STONEと同じ。
出力は5.0mW×2。


付属品
CA3C0830.jpg
日本的な懇切丁寧な説明書、注意書きが2枚。
それに安っぽいインナーイヤーが一本。
イヤホンは聴いてみたところ、なかなか良いドンシャリ。
それ故結構明瞭で悪い感じではない。

本体
CA3C0831.jpg
フラッシュメモリーライクな本体。
結構オサレだと思う。
一昔前なら一万円でも売っていてもおかしくないデザイン。
ボタンの押し具合も悪くない。
そして何よりもiPodに似てないところが気に入った!

●実際に聴いてみた
ヘッドホンは手元にあったDT990E/32。
ボリュームをマックスにすること無く、十分な音量が取れた。
因みにMAXにすると聴ける範囲の爆音までなら鳴らせる。

音はどうやねんってことだが、まあ良い。
対応しているMP3のレート320入れて聴いてみたが、普段使いのDAP(COWON D2P)に比べて素っ気無い感じがする。
若干シャリシャリしてるのと、ボーカルもなんかメカっぽくて冷たい。
あと打撃音が僅かにパシャパシャする。
それと低域がソリッド。
全体としても、液状感のある滑らかな印象は無い。
ジャリジャリしてて不自然。
如何にもデジタルサウンド。
もう少し皇かで温かみがあれば良いと思う。
しかし十分パワフルだと思うし、特に篭ってるとかも無くて、十分な性能ではないかと思う。
タダでくれたことを考えると、沈黙するしかない。
マトモに鳴ってくれるだけでも管理人はうれしい。
しかし、うれしいのだが、使いようが無い。
メインに使えるわけないし、エージングに使うにも単四じゃ、充電しながら何週間も連続再生できないし。
結局オークションに出すことに決定。
価格はレンタル料と同じ位で出そうと思う。(得しちゃったな)









[ 2010/04/30 00:17 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。