糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sennheiser HD414用イヤパッド(019545)

『Sennheiser HD414用イヤパッド(019545)』
CA3C0001.jpg
Ohr-polster(耳-クッション) HD414。
eイヤホンで購入―1050円。

『測定する』
CA3C0002.jpg
直径75mm。
開口部35mm。
厚みは18mmというところ。
クッションとなる部分の厚みもそこそこ。
形はヨコか見ると台形。↓
CA3C0003.jpg
しかしコレは仕掛けであって、装着してやると開口部が広がって、ほぼ前後同じ直径になる。
試しに手持のGRADO SR125iに嵌めて見たところ。↓
CA3C0007.jpg
CA3C0006.jpg
ご覧のよう。
キレーに嵌っているように見えて、実はキツキツ。
嵌める際は破れないか、ヒヤヒヤした。

因みに音質は?ということだが、デフォルトとサイズから厚み、スポンジの木目の細かさまで、かなり似ているので変化は感じなかった。
わざわざ、3,000円も出して純正パッド買うなら、これで十分。
(というか、標準パッド高過ぎ。台所スポンジとなんら変わりないのに!)

このパッド、汎用性が高く、AKGとかSennheiserのポータブルにも合いそうで、今後機会があれば試してみようと思う。




(スペック/サウンドハウスリンク)


SENNHEISER H-19545

SENNHEISER H-19545
■HD414用イヤーパッド
■1ペア
[ 2010/05/12 20:43 ] GRADO SR125i ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。