糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Victor HA-FXC71 紹介記事

Victorより新型インイヤーの発表。

『HA-FXC71』


ha-fxc71-b.jpg    ha-fxc71-w.jpg

同社自慢の小型ドライバのトップマウント構造採用。
ドライバ直径は僅か5,8ミリ。
従来機種と異なり、振動版素材に比重が軽く、伝播速度の速いカーボンを採用し、ダイナミックな低域再生を可能に。
スペシャルサイトの方で確認するに、かなり左上がり(低域寄り)の特性を持ったイヤホンらしく、最近のトレンドに沿ったような製品。
(個人的に受け入れられないトレンドだが)

他の特徴としては、ドライバ背面にブラスリングと呼ばれる金属パーツを配置し、振動ロスを低減、クリアな再生を可能にしている。
この点は、下位機種HA-FX51(同じく新型)にない特徴。
また、FX51はアルミ、FX71はステンレスをそれぞれハウジング素材に採用し、見た目の改善と不要振動の低減を図っているらしい。

発売時期について、いずれの機種も六月上旬頃となっている。
価格は71が6000円台、51が4000円台となる見込み。

個人的にカーボン振動版というのに興味津々。
結構欲しい製品。
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。