糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

グラフ:老化に伴う聴力の低下

今日、人類学の授業で出てきたグラフを紹介。

授業は現在、「老化」についてやっていて、視力、聴力などの感覚器の「劣化」や、神経細胞の減少(増加)などについてグラフでみるというようなことを、ひたすらやっている。
そんな文脈の中で出てきた聴力に関するグラフなのだが、これが思ったよりも残酷(笑)だったので、面白いと思ってアップした。

『気導聴力損失値の年齢変化に見られる性差』
CA3C0097.jpg
グラフ縦軸が聴力損失(dB)、横軸が周波数(kHz)。
縞模様になった線は、上から若い順(25~85歳)に並んでいる。
左のグラフは男性で、右は女性。

「性差」に関するグラフなのだが、まあ、明瞭過ぎるぐらい明瞭で、男の方が聴力低下が激しく、女は割りとなだらか。
何でだろう?ということだが、その間意識がトンでいたのか?授業では説明してくれなかった気がする・・・。
或いはナゾということでスルーしたのか。

聴力の低下についても見れば明白。
キレイに低下の後を辿って、歳を取るごと、どんどん低下していく。
二キロヘルツ以下ではさほど変化しないが、それ以上になるとグングン下り坂。
70過ぎたら、8kHzとか聞こえてんの??ってぐらいの低下ぶり。
8kHz以上の高音が殆ど聞こえないってのは、どんなモコモコした音世界なんだ・・・。
安物イヤホンのそれよりも遥かにナローレンジ・・・。

70過ぎたらっていったけど、もう、アラフォーあたりから健全なオーディオ耳ではなくなっているような気がする。
そんで60過ぎたらレビューも書けないな・・・っていうか、音楽も楽しめなくなってくるんじやないか?
加齢って怖いな~。

見た目は綺麗なのに、中身は残酷。
そんなグラフでした。

[ 2010/06/15 21:40 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。