糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AH-D2000―エージング終了

服詰め込んだダンボール(羽根布団でフタをする)の中から掘り起こしてくる。
CA3C0158 (2)
「ハウジング外してんじゃねーか?」

振動版の動きを少しでも良くするために密閉型ではハウジングを取り去って鳴らす。
その方が振動版も綺麗に振幅してくれる気がする。

因みにイヤパッドも外す。

効果の程は不明。(ヘンタイのやることなのでマネしないでね)


「音の変化は?」

う~ん、明らかに変化してる。

①初期の頃アラかった高域は若干細かく。
②中域(全域か?)が透き通った
③元から控え気味な低域のアタック音が少し輪郭ハッキリ?


①はある意味でガッカリか。
第一印象で最も目だっていた、チリチリ・ピリリなシンバルが大人しくなって、フツーな印象に近づいた気がする。
でもやっぱりチリチリしてるな~
10k以降に目立つ小山がありそう。

②これは下ろしたてでハッとした部分。
なんか初期の頃は中域(というかたぶん全域的に)薄~い擦りガラス一枚貼ったようにモコってたのが晴れた気がする。
ユーミンの声が透き通って聞えまする(笑

③大き目の音量のダンス(mono)でやるので低域のレスポンスとグルービングは良くなる(気がする)のはいつものこと。
でもあくまでも「気がする」。
この子の場合、もとから印象の薄い音域なので、今一・・・。

上①~③はエージング懐疑派からした失笑ものかもしれないが、とにかく素直に感想を述べてみた。


レビューは暫く聴いて近い内に。
[ 2010/09/20 14:53 ] DENON AH-D2000 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。