糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Shure SE315 紹介記事

『Shure SE315』(クリアもあり)
prod_img_se315_l.jpg
425、535に続いて10月10日に発売予定。

シングルBA仕様で、ケーブルは上位と同じ着脱式。

またドライバには(SE310と同じで)孔が開けられあって低域の再現が良いらしい。


概観は写真の通り。
ダブル、トリプルの上位機種と比べて、もっと小さくなると思っていたのが?

個人的に前機種の曲線美を生かしたセクシーなデザインのが好み。(どうでも良いね)


一応、スペックは以下の通り。

Speaker Type
Single High-Definition MicroDriver + Tuned BassPort

Sensitivity (1kHz)
116 dB SPL/mW

Impedance (1kHz)
27 Ω

Noise Attenuation
Up to 37 dB

Frequency Range
22Hz – 18.5kHz

Input Connector
Gold-plated 3.5 mm (1/8”)

Cable
64” Detachable (at ear) with wireform fit

Color
Available in Clear or Black






トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。