糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SONY MDR-EX800ST、MDR-EX600 紹介記事

先にEX1000が高すぎて買えねっていったけど、下位機種にEX800って業務用モデルがあると知った。

『SONY MDR-EX800ST』
soundhouse>ヘッドホン・イヤホン>イヤホン>カナル型>SONY ( ソニー ) /MDR-EX800ST
(写真はsoundhouse>ヘッドホン・イヤホン>イヤホン>カナル型>SONY ( ソニー ) /MDR-EX800STにリンク)


当モデルは一本一本手作業で組み立てられて、個体間で音に違いが出ないように特別注意が払われているらしい。
なんか面倒なことやるなあと思ったら、月産数十本のモデルらしく、しかも、メーカー保障もつかない完璧な業務用モデルということで、扱う店も少なく、在っても在庫の保障もなさそう。

フジヤ(プロショップ)、サウンドハウス等の音響専門店では扱いが開始してるらしいが、アマゾンなどでは今後も扱いはないかも。
でももしかしすると、このモデルがバカ売れしてCD900みたく、結構メジャーなモデルになったりするんじゃないかと、妄想してみたり。

EX1000のように液晶ポリマー振動版とかは使ってないらしいが、個人的に信頼性の高そうなモデルだというので、購入を検討しているところ。

ただ、プロ向けということでメーカーとしてはコレでMP3なんか聴いて欲しくないんでしょうが(笑

コレのコンシューマーモデルのEX600でも良いか・・・悩む。





  • 発売日 : 2010/10/23
  • 出版社/メーカー : ソニー
  • おすすめ度 : (1 review)
    5本気のソニー

  • 発売日 : 2010/10/23
  • 出版社/メーカー : ソニー
  • おすすめ度 : (1 review)
    5かなりいいです。

トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。