糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fischer Audio FA-002、FA-003 紹介記事

フジヤエービック(会員制サイト、入れないかも)で取り扱いを開始した、ロシアのオーディオメーカーFischer Audioの二製品紹介。

Fischer Audio FA-002(開放型)
002.jpg
› Frequency range: 10-26500 Hz
› Sensitivity: 105 dB
› Impedance: 64 Om
› Input power: 120 mW
› Length of a cable: 0 M  ※管理人注:着脱式ケーブルの為、この表記か?ケーブルは3メートル両出し
› Color: anthracite/black
› Box:
› Set: additional cushions, 6.3mm jack adapter.


同FA-003(密閉型)
003.jpg
› Frequency range: 10-26500 Hz
› Sensitivity: 105 dB
› Impedance: 64 Om
› Input power: 120 mW
› Length of a cable: 0 M
› Color: bronze/black
› Box:
› Set: additional cushions, 6.3mm jack adapter.

両機種については管理人も良く分からない。
ただ両機のバッフルのつくりなどから、ゼンハイザーのOEMか或いはその影響を多分に受けた機種っぽいってことだけは分かる。

バッフル
002_2.jpg
この振動版前面のストラクチャーとか、ゼンの開放型にそっくり。
多分音も似てるんじゃないかと推測。

因みに二機種の周波数特性を測ったロシアのサイトがあったので、そのサイトより以下の画像を拝借。
(以下、画像は「Doctor Head」より)

FA-002 周波数特性
FA-002_freq.png

FA-003 周波数特性
FA-003_freq.png

一目瞭然。
開放型の002のドンシャリに対して、密閉型の003はフラット。
何れも高域の伸びが良く、かなり良質な音を鳴らすのではないかと。

分解写真を確認すると、ユニットの基本的な部分は同じで、ハウジングがメッシュ(002)か、塞いでしまっている(003)かの違いらしい。
でも何度もいうけど、ユニットがゼンハイザーっぽい(HD555、595辺り)し、わざわざこの機種を買うまでもないのではないかと。(モデルチェンジでゼンの該当機種の価格も下がってるし)
あえていうなら、FA-003は密閉型だし、「HD650の密閉型バージョン」的な面白い機種として聴いてみる価値は有るかも。
ちょっと欲しいかも。



トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。