糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

W1000Xの仕様変更のお知らせ

W1000Xが結構重要な仕様変更をしたらしい。(非公式情報)


>初期ロットと後期ロットで構造が違います, 2010/10/30
>By VALKYRIA "VALKYRIA"
>
>初期ロットではハウジングの外周に空けてある空気抜きの穴が半円でしたが
>後期ロットでは細長い長方形のスリットに変わり面積が小さくなっています。
>音も全く別物といっていいほど変化し、後期ロットでは音のスカスカ感がなくなり
>密度感ある安定した音に変わっています。
>買い換える価値があるほど音が違うので本機の評価が割れる要因はここにあるのかもしれません。

Amazon.co.jp > audio-technica ダイナミックヘッドホン ATH-W1000X > カスタマーレビューより



貴重な情報どーもです。

すると、ハウジング外周に設けられてあった孔が若干(程度は現物みないと…)小さくされて、音の鳴りが変化したということらしい。
あの孔は管理人的にも結構余計なものだな、と思っていたので(ハウジングの効用を高める上で)、それが少しでも改善されたというなら、これはもう一度聴いてみたいという考えも起こる。
何しろW1000Xの悪いところは見た目と、音の許しがたいギャップ、ハウジング取っ払って聴いても殆ど音が変化しないという、ハウジング存在の形骸化にあったから、孔を塞ぐまでとも言わず、孔を小さくするだけでどれほどハウジングの存在感が高まってくるか?かなり興味がある。
お金があれば再度購入して聴いてあげたいのだが、それは金欠で無理。

なんかアマゾンで叩いた俺の意見がメーカーに伝わったみたいで嬉しかった(笑
やっぱり叩くべきものは叩かないと。




[ 2010/11/01 19:53 ] audio-technica ATH-W1000X ☆☆☆★★ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。