糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

GRADO GR10 紹介記事

ナイコムから、GRADOの新型イヤホンGR10発売

『GRADO GR10』
GRADO_GR10.jpg
見た目はGR8と変わらないが、ケーブルには無酸素銅、また当機はGR8のムービング・アーマチュア・ドライバを改良した新型ドライバを搭載し、高/低域の再現性の向上を図っているらしい。

その他詳しいことは分からないが、価格が37,590円(税込)とかなり強気で、GR8から結構進化してるんじゃないかと思う。

発売は11月下旬。

スペックは以下の通り。


●型式:カナル型
●ドライバー:ムービングアーマチュア
●周波数特性:20Hz~20kHz
チャンネルバランス:0.05dB   ※他機種でもそうだが、GRADOはチャンネルバランスの厳密な検品を行なう
インピーダンス:32Ω   ※GR8は120Ω。DAPでも音量が取り易くなった模様
●感度:116dB S.P.L.@1mW
●接続ケーブル:OFC銅線
●接続ケーブル長:1.3m
●質量:9g
●入力端子:金メッキ、ステレオミニプラグ
●付属品:S、M、Lサイズ交換用カナル
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。