糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Panasonic RP-HX700 紹介記事

パナソニックより管理人注目の新製品

『RP-HX700』(以下、写真はメーカーHPより)
img03.jpgimg04.jpgimg05.jpg

何が注目かというとドライバユニット。
HX700_MHP.jpg
なんと、かのDENONのD1000、2000、5000、7000、CreativeのLive!そしてSONYのE888と同じく振動版にバイオセルロース。
高域特性に優れ、その癖チタンコートのように低音がガサつかず柔らかいというステキな素材。
上に挙げた機種が何れも高評価の名機であることを考えると、当機の評価も決して悪くはならなさそう。
ドライバ直径は40ミリで、ユニットの見た目もなんかD1000、Live!っぽくて、またFOSTERのあれかもしれない。


管理人はD2000も聞いたし、金が貯まったらD7000辺り狙ってるので、態々このモデルは買わないと思う。
でも当機は他人様に勧めたくなるモデル。
カラバリも豊富だし、女性に似合いそうなホワイトなどは是非女性にお勧めしたい。

尤も、管理人には勧める相手がいないが(キリッ

幸せなそうなそこの貴方、あの娘にいかが?



『RP-HX700 スペック』
型式 密閉型ダイナミックステレオヘッドホン
ドライバーユニット 直径40mm
インピーダンス 32Ω
音圧感度 95dB/mW
最大入力 1,000mW(IEC:国際電気標準会議)
再生周波数帯域 10~30,000Hz
コードの長さ 約1.2m
プラグの種類 ステレオミニプラグ (直径3.5mm、L型、24K金メッキ)
質量 約191g(コード含む)/約178g(コード除く)



トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。