糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑記11/10/2010:SONYのMDR-ZX700を触ってきた(だけ)

今日授業の帰り大学生協に寄った。

目的はSONYのMDR-Z150。

前に行った時、Z100が発売されたからかもしんないけど、なんとワゴンセールで1,280円だったのを覚えていたから。

もちろん、スゲー欲しかった訳でもなしに、単に分解していろいろイタズラしてやろうという魂胆から。

うちの大学はなんかソニーの息がかかってるらしく、なぜかソニー製品ばっかり置いてある。
しかも今日確認すると、棚の下にZ900HDまで「隠して」あって、思わずビツクリ。
一度「踏んだ」ことがあったので、もちろんそこは注意しながらスルー、貧乏人はワゴンに直行。
目当てのZ150を発見。

(「ダサいけど、使い易そうだなぁ・・・」)

で、チラッと先スルーして来た商品棚の裏を見るとなんと、そこに発砲スチロール製のダミーヘッドがあって、その小さ過ぎる頭にZ1000を被ってた。

(「うひゃー!この生協狂ってる~!(喜)」)

とか思って近づいてみると・・・下位のZX700だった。

(「・・・まあ、そりゃそうだよな」)

なんていうか場の雰囲気が結構ビシッと決まってて、威厳があったからZX1000に早とちりしてしまったらしい。
いくらそっくりだからって、ヘッドホンを間違えるようなおれではない。不覚。
気を取り直して間近で見てみるとこれが結構、男前。
9800円。
そういや先のZ900HD、コレより高いのにあんな棚の下で、通り過ぎた貧乏人にまで地雷扱いされてカワウソーに(笑

そんなバカなこと考えながら、ダミーヘッドから取り上げてみると、コレが結構ズッシリしてて良い感触。
所詮Z1000の廉価版、チープなもんだろと思っていたのが、覆された9800円。
FOSTEXのTシリーズみたいなラウンドシェープで、アレをもっとこう圧縮した感じ。
ハウジングは極めてコンパクトで、その癖意外に密度が高く、制振性も高そうだった。
バンドの影に隠れる形でポートを確認。
イヤパッドの奥を覘くと、傾斜した振動版ガードが在って、中でキラッと振動版がコチラを向いていた。
直径50ミリ。(「40ミリじゃなかったっけか?」)
一応試聴出来るようにプラグが出してあったが、DAPを持ち合わせていないのでまあ仕方無いので装着だけしてみた。
小さい割になかなか。
少なくとも耳の容積は十分確保してあって、耳全体を押し込むことが出来る。

なんか、聴くでもなしにいつまでも装着してるのもアホらしいので、元に戻して、棚の下を覘くとパッケージが於いてあった。
手に取ってみると、先に頭に載せたのと同じ重さで、「9800円」のシール。
帰りにスーパーに行く予定だったので、ポケットの財布には一万と二、三枚の野口博士。

(「買える!・・・けどなぁ・・・」)

衝動買いはしない主義だから迷った。(いいえ、ただの貧乏人)
時間稼ぎにパッケージの裏みると「~40kHz」とか書いてあって、ナルホドいつものオーバースペック、しかしこの値段でHD650クラスの延びを自称するって・・・ますます家に持ち帰って聴いてみたくなってきた。

(「仕方無い、万引きするか」)

と考えて、バレ無い様ににカバンに・・・なわけ無くて、ポケットの財布にいくらあるか正確に確認して、買うと後、スーパーで自由に買い物できなくなると判断、その場は買わないことに決定。

そのまま帰りそうになったが、今回の目的が1200円のZ150にあることを思い出して、ワゴンからZ150のパッケージを取り上げて見ると、そのなんと軽いこと・・・。
チラッと向こうのZX700と見比べたりしてると、なんか、無性に虚しくなってきた。


おれはそれをワゴンに戻して、そそくさと帰ってきた。









  • 発売日 : 2010/10/10
  • 出版社/メーカー : ソニー

◆大口径50mm新開発ドライバーユニット採用◆音の解像度を高め、クリアな中高音と豊かな低音を再生◆360kJ/m3ネオジウムマグネットを採用◆大入力にも余裕で対応する、高耐入力2000mW◆低反撥ウレタンによる快適な装着感と高い遮音性を実現したノイズアイソレーションイヤーパッド採用◆便利な片出しコード / ■ 仕 様 ■型式:密閉ダイナミック型ドライバー口径:50mm、ドーム型(OFCボイスコイル)再生周波数帯域:5-40000Hz最大入力:2000mWインピーダンス:24Ω出力音圧レベル(感度):106dBプラグ:金メッキステレオミニプラグコード:約1.2m OFCリッツ線(片出し)質量:約260g付属品:延長コード(1.8m) /


型式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 口径30mm(CCAWボイスコイル採用)
感度 98dB/mW
再生周波数帯域 16-22,000Hz
インピーダンス 24Ω
最大入力 500mW *1
コード長 約2m OFCリッツ線
入力プラグ 金メッキステレオ2ウェイプラグ
質量 約120g









[ 2010/11/10 01:21 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。