糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Nikon COOLPIX L22

『Nikon COOLPIX L22』
CA3C0221_20101115204201.jpg
ついにデジカメを買った!

アウトレット6,800円!

コレまではカシオのEXILIMケータイW63CAで撮影してきたが、撮影し難いのなんのって・・・。
撮影モード記憶しないおバカさんだから、毎度毎度設定し直したり、間が開いたと思ったら元のケータイの画面に戻ってて、再度設定し直し!
しかも、ボタンのレスポンスが甚だ遅い(価格,comでも悪評)から、操作するのもすんげーイライラだった。

画質はまあマンゾクだったけど(上の写真のもそのケータイで撮影)、やっぱり不満タラタラだったので、中古でこのカメラ発見した時に、とうとう意を決することにした。


『本体』
CA3C0226.jpg
やべぇ・・・すごいオサレ。
管理人手持ちのどのヘッドホンよりもずっと高級感がある(笑
ホントにこれ6,800円なの?
「バリバリ家電」かと思っちゃう(笑

※バリバリ家電・・・価格表記ミスによって大炎上したネットショップ

『説明書』
CA3C0222_20101115204200.jpg
こんな小説みたく分厚いの読んでられっかよ。
誰か代わりに読んで!

『電源入れて弄ってみた』
CA3C0230_20101115204159.jpg
おお!「バベルの塔」みたい。
スライドボタン押すとグングン伸びる。
引っ込めたり、伸ばしたりして、しばらく遊んでた。(笑)

操作中にはキュインキュイン機械音させながら、勝手にピント合わしてて、なんか得体の知れない生き物が手の中にいるような感じがした。


『試し撮り』
DSCN0001.jpg
DSCN0003.jpg
被写体はさっきまで手に持っていた63CA。
ファイルサイズをPCにして、撮影モードをらくらく撮影モードでテキトーに撮った。
感想は・・・・・・・・・・まあ元のケータイも悪いもんじゃないから、あんまり違いって分からないかしら?
非常に光量取り易い感じがしたのと、ピント調整が結構デリケートで合わせづらい感じがした。
しかしケータイで撮ったら、操作の上で面倒なことがあるから、それに比べたらさすが「専業カメラ」だけあるか、撮り易い。

『も少しアップ』
DSCN0018.jpg
上の写真は最大焦点距離の5cmぐらいで撮ってみたもの。
画像クリックして拡大してみればわかると思うが、ケータイのものよりもエッジが効いていて、シャープな感じ?
基本性能の違いは明らかかと。
これから先、使いこなすのに少し時間が要しそう(説明書の厚さ的に)だけど、コレまでよい比較的品の良い写真が取れるんじゃないかと思う。

この記事以後、写真は全てL22で撮って行くつもりだから、そーゆーことで。









Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) L22 シルバーNikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) L22 シルバー

ニコン 2010-02-19
売り上げランキング : 5745

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


3型大型高精細液晶モニター
メーカー型番 : L22SL
サイズ : 約 97.7(W)×60.5(H)×28.3(D) mm
質量 : 約135 g(本体のみ)
付属品 : ストラップ AN-CP19・LR6アルカリ単3形電池×2本・USBケーブル UC-E6・Software Suite CD-ROM for COOLPIX
1/2.3 型 原色CCD、
総画素数 : 12.39メガピクセル
有効画素数 : 12.0メガピクセル
約 37-134mm 相当の撮影画角
最短撮影距離 : レンズ前 約 5 cm~∞マクロモード時 (広角側)
ISO感度(標準出力感度) : オート(ISO 64~1600)(メニューによる設定なし)
手ブレ補正 : 電子式
画像モード(画質と画像サイズを組合せで設定) : 12M(高画質)[4000×3000★] 12M[4000×3000] 8M [3264×2448] 5M [2592×1944] 3M [2048×1536] PC [1024×768] VGA[640×480] 16 : 9[3568×2232]
撮影可能コマ数(電池寿命) : 約 240コマ(LR6使用時) 約 660 コマ(FR6使用時) 約 420 コマ(EN-MH2使用時)
モニター : 3型TFT液晶、約23万ドット、輝度調節機能付き
AFエリア : 中央、顔認識
ファイル形式 : 静止画 : JPEG、動画 : AVI(Moti on- JPEG 準拠)
連写機能 : 単写、連写[約0.9コマ/秒、最大5コマ(12M)]、マルチ連写(16コマ連続撮影)
動画 : TV再生640 : 640×480/30 fps、カメラ再生320 : 320×240/30 fps
インターフェース : Hi-Speed USB







[ 2010/11/15 21:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。