糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イヤホン購入考(2010・11・23)

オクに出してたEX800STが売れた。
あの双子(こ)にはかなり期待していたのに、非常に残念だった。


それでまた何か、前面密閉型インイヤーに代替機が必要になった。

今度は失敗したくない。
これまでも経験から、どのようがイヤホンが理想であるかは大体分かってきた。



●BA型、或いは小口径ダイナミック
前面密閉の大口径ダイナミックは、うまく振動版前面の空気をコントロール出来てないと、低域の盛りと頭内偏重が発生し易い。
これは先のイヤホンから学んだこと。
ダイナミックは直径10ミリ以下のが、チューニング神経を使わなくても良いからか、安価なモノでも自然に聞ける。
その点エティモのmc5とか結構有力かな?と思ったりもする。(だけどエティモはもう買わない)

●10kHzまでの真っ直ぐな高域の延び
また、それ以上に盛りがあるぐらいが望ましい(鮮度の高いハイ)

●中域の平坦性
この条件を満たすBAというのは実は少数派。
そもそもイヤホンのBAというのは補聴器用ユニットととして開発されたもの援用が多いからか??「声」が聞き取り易くなるよう、中域に何らかの癖を持つものが多い。
言うまでも、エティモとか、WestoneのUM1なんかは特に、補聴器の発音体そのものの音という感じだった。
欲しいのはオーディオ専用に設計されたようなBAユニットを搭載したモデル。

●控えめな低域
「出過ぎるなよ」と言う意味。音場を頭内中央に陥没させない程度には必要。


上のような条件で絞り込むと出てくるモデルが↓。

・audio-technica ATH-CK10
・Ultimate Ears 700
・SHURE SE310/315


少ない。
しかも上二つは同じユニットらしい。
それに同じユニットなら、CK10のが安いし・・。
実質サシの対決。

「どれが一番欲しい?」と聞かれれば、SE315が欲すぃ。
あの太くて丈夫そうな、長持ちしそうなケーブルが好き。
それに上二つに比べると遥かにホットなモデルで、レビューもないし、管理人が買って寝言書いても良いかなと。
周波数特性みると10kHz辺りまでなだらかに延びてる感じで、割と管理人好みの落ち着いた音を鳴らすのではないかと。
だけど、若干退屈そうでもあるし・・・。

だけど、管理人が音として期待・・・っていうか、試聴(き)いたことあって、すんげぇ気に入っているのがCK10。
周波数特性は10kHz付近に小突起のある、シンバルの目立ちそうな音。
CK100よりも音がスッキリしてて、管理人には好みだった。
発売から長らく立つモデルで、「今更買ってどうすんだよ?」「明日にもモデルチェンジするかも・・・」とかって類のネガティブオピニオンもあるし。

これまで失敗ばかりしてきたので、管理人としては冒険はしたくない。
それ故、SE315よりも安全そうなCK10を購入しようかと、気持ちが傾いている。

だけどやっぱり、315も良いか・・・。



「ケチャップ」・・・じゃ無かった、「ソース」でもなった・・・「マヨ」う。






型式:バランスド・アーマチュア型
出力音圧レベル:107dB/mW
インピーダンス:55Ω
再生周波数帯域:20Hz~15kHz
最大入力:3mW
質量(コード除く):約4g
コード長:1.2m(Y型)
プラグ:φ3.5金メッキステレオミニ





  • 発売日 : 2010/10/10
  • 出版社/メーカー : SHURE

Speaker Type :Single High-Definition MicroDriver + Tuned BassPort
Sensitivity (1kHz) :116 dB SPL/mW
Impedance (1kHz) :27 Ω
Noise Attenuation :Up to 37 dB
Frequency Range :22Hz – 18.5kHz
Input Connector :Gold-plated 3.5 mm (1/8”)
Cable :64” Detachable (at ear) with wireform fit
Color :Available in Clear or Black





カラー : リキッドシルバー
本体重量 g (ケーブル含む) : 11
ケーブル長 cm :117
イヤフォンタイプ :インナーイヤー(カナル型)
ドライバータイプ :マイクロ バランスド アーマチュア デュアルドライバー
入力感度 dB SPL/mW (1kHz) :113
周波数特性 Hz :10-16.5k
ノイズアイソレーション(遮音性) dB :-26
インピーダンス Ω (1kHz) :40
入力端子 :3.5mmステレオミニ (金メッキ)
[ 2010/11/23 20:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。