糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日大学でGRADO見た

ま「かさ」ね~外でGRADOとは・・・。



(おれ:一人で野良猫みたいな気持ちで歩いてる)


・・・前からヘンな髪型した男が歩いてくるにゃ~?


・・・あれ、アタマにカチューシャ??


・・・ん?耳になんか黒い物体が―ヘッドホンか?どうせオーテク・・・或いは「パナ」か「パイ」だろ


(前方45度まで接近・・さほど興味もないまま、通り過ぎる・・・ところが!)


・・・あれッ!耳元に「アンテナ(金属棒)」がっ?


振り向くと明らかにGRADOのヘッドバンドがあって、耳元を見るより、タブンSR60iか80、或いは125i系の黒いハウジングが乗っかってあった。

思えば、なんか俯いてDAPか何か弄りながら歩いたようだったし、彼もやはり「寂しい孤独趣味の男」だったのだろう、と。




[ 2010/11/29 23:56 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。