糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FOSTEX 201 紹介記事

今日発売のFOSTEX KOTORI 201ヘッドホン。

スペック的には例のバイオセルロース振動版などを使っており、申し分ない出来栄え。
聴かずとも、音が良いに決まってる。

しかし、当機は音が自慢なのはもちろんなのだけれど、それよりも、何と、自分で好きにカラーを選んでマイヘッドホンが出来るというのが一番のウリ。
FOSTEXの通販HPから、自分でバーツカラーを選択して、世界でオンリーワンのマイヘッドホンが出来上がりますと。

それで管理人も試しにマイカラーに201ヘッドホンをカスタムしてみた。↓



『FOSTEX 201 BLU'CAT』
KOTORI201_bluecat.jpg
管理人のトレードマークの「青い猫」にちなんで、デザイン。
色は自由に選べると言っても、少しだけ制約があって、例えばケーブルの部分は管理人は「青い尻尾」にデザインしたかったのが、青は選択すると、プラグの部分とハウジングから少し出ているブッシングの色が黄色になってしまうのでいっそ全体のバランスを取って黒にした。
また、ハウジングの色も青は写真のようなツートンカラーしか選択できなかったので、コレにせざるを得なかった。

それでも色の選択の自由度は高く、結構思い通りにデザインできます。



『カスタムII"MIKE-NEKO"』
FOSTEX_201_MIKE-NEKO2.jpg
調子に乗ってもう一つカラーリング。
題して「MIKE-NEKO」。
どうでしやう?
少し色調バランスが悪くなってしまったものの、なかなか可愛く出来ていると思います。
ヘッドクッションとパッドは汚れ易いので黒を選択。
合理性も考えてるんですよ、さすがおれですね(笑)

もう少しライトな感じが良かったのですが、やはり、完璧に思い通りとは行きません。



続いて管理人の一番好きな「キジトラ」・・・と行きたいところですが、この辺にしておきます。

カラー選択は実に楽しい作業で、ついつい時が経つのを忘れてしまいます。

以下のリンクより、"俺ジナル"なヘッドホンを作っちゃいましょう。


FOSTEXホームページ>KOTORI 201>DESIGN YOUR HEADPHONES


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。