糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FOSTEX KOTORI 101 紹介記事

昨日紹介したのは新製品のヘッドホンだったのが、実は、それ以前にイヤホンに同じKOTORIシリーズがあって、コチラの方がケーブルパーツ等の色も詳細に変えることが出来ておもすぃろい。


『FOSTEX 101 BLU'CAT』
FOSTEX_101_bluecat.jpg
ヘッドホン201の方では、ケーブルパーツの合理化が図られてしまったらしく、プラグ-ケーブル-ブッシュは一つのカラーセットとしてか選択できなかったのが、101の方はそこも自由にカラーを選択することが出来る。
お陰で、管理人専用のBLU'CAT(ブルキャット)カラーも201よりも思い通りに作ることが出来た(嬉)



『FOSTEX 101 CHERRY』
FOSTEX_101_Cherry.jpg
始めは「シャア専用」に赤でカラーリングしていたのが、ちょっと色を薄いピンクに変えてやるとヒドくカワイイ雰囲気になったので、春への期待を込めて、サクラをテーマに作ってみた。
管理人仕様よりも、さらに左右を判別し易く、ハウジングプレートの色も左右で変えた。
えっ、誰への配慮かって?
それはその・・・彼女の為に決まっているでしょう!

いえ、そんなものもいませんです。。

しかし何れの日か、良い縁でもあれば、このカラーリングでプレゼントしたいものです。
(所謂"死亡フラグ"というヤツですね、FOSTEXさん、本当にありがとうございました)



『FOSTEX 101 CHAR』
FOSTEX_101_CHAR.jpg
(気を取り直して)コチラが管理人がデザインしたシャア専用レッドカラー。

ケーブルも赤にしないのか?

いえ、目立ち過ぎるのは戦闘の際に不利になりますので、そこは少佐も理解してくれるでしょうと。



因みにこの101シリーズはオーバヘッドの201よりも安く、3600円(送料込みで4000円くらい)ということで結構リーズナブル。
iPodイヤホンも製造している「世界一の振動板メーカー」FOSTEX製、信頼性はバツグンでしょう。
お勧めします。


FOSTEXホームページ>KOTORI 101

トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。