糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フジヤでB&W P5が特価(2011/01/11)

FUJIYA AVICの特価情報。


『Bowers & Wilkins P5』
p5-large.jpg
(以下、メーカーHPより引用)
ヘッドフォンメーカーの中には、いたずらに音声を加工することを好むメーカーもありますが、Bowers & Wilkinsでは、それはスタジオエンジニアの仕事と理解しています。P5をご使用になれば、極めて自然なサウンドをお楽しみいただけます。まさに録音された原音に限りなく近いサウンドで、これこそが本物のサウンドと言えます。お聴きいただければ、すぐにその意味がお分かりいただけるでしょう。

P5が自然なサウンドを再現できるのは、今までで最も高度なヘッドフォン技術が採用されているためです。特別に開発されたウルトラリニアのネオジム磁石と高度に最適化されたマイラー振動板により、深く澄んだ音色に加えかつ驚くほどきめ細かな音楽が再現されるため、人工的に調整を行う必要がありません。



・・・・だ、そうです。
ところが実際は結構低域よりらしく、なんか味付けが寧ろ強いらしい。
かのAVwatchですら、「かなり低音寄りのバランスだ」と表現しているぐらいで、なんかメーカーの能書きが「ホントかよっ?」って感じ。
まあ、その辺はイコライザで―人工的に調整を行う必要がありません。―なんとかして・・・。
振動版の質は良さそうだし。

ちょっと欲しけど、幾らセールと言っても、「ちょっと」ぐらいで手が出るもんじゃないや・・・。

欲しい人いたらどうぞ。



【B級品大特価】B&W P5 販売価格 35,800円
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。