糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エイジング用に使っていたDAPが壊れる

『故 Creative ZEN STONE(初代モデル)』
Creative_ZEN STONE(1st)
DSCN0488.jpg
工房の時にアマゾンで買ってから長らく、エージング用に使ってきたZENのSTONEが、とうとう壊れた。

DT100の進み具合をみようと思って確認すると音が止んでいたので「アレっ?」てことで、弄ってみても音が出ない!
電源ランプは付くのに・・・ボリューム調整時のランプも反応するのに・・・。
ファイル入れなおしたり色々やったけどダメだった。
どうやら出力系統に問題があるらしい・・・ご臨終。。

思えばコイツはカワイイし、実に頼りになる奴だった。

シンプルなデザインと安さに引かれて購入。
工房の時は英語のリスニング素材入れて、往復で聴いてたっけ・・・。
それまでエイジングに使っていた韓国製のDAPが数ヶ月で壊れてからは、それに代わってコイツが活躍していた。
出力は低いけどまあ、イヤホンを鳴らすのには十分な音量が取れたから、イヤホンばかり拘っていた工房の時はこれ一台で十分だった。
充電したまま再生するのが、ぶっ続け一ヶ月鳴らしても常に安定して動作してくれた。
ヘッドホンに拘るようになってからは、ハイ・インピでは音量が足りないからって、べリンガーの多チャンネル型の安いヘッドホンアンプをつけて、それで音量を多少なりとも稼いでいた。

常にボリュームMAXの状態で、タブンこいつは既に使用時間一万時間を超えていると思う。
50本以上のヘッドホンを鳴らして来たし、1000時間エージング(一ヶ月以上)とかも何回も行なってきたから。
時には5、6本のヘッドホンを同時に鳴らすこともあった。
それでも全く問題なく、安定して動作していたから、もう壊れないものだと暗黙の内に信じていたのが・・・。
やはり、形あるものは何れ壊れて行くということか・・・ホントご苦労様でした。
実に使いやすい、良い製品だった。


それでこれに代わるDAPとして、別の何かを探しているのだけれど、「充電しながら再生できる」―この点で最近のモノはバッテリーの問題あってか、なかなか見つからない。
iPodなどは出来そう?なのが、「アップルボム」(笑)って言葉があるぐらいだから、マジ怖いっ・・。
最近のものは改善されているだろうけど(?)、iPodは高いし、iTune入れたくないし。

こう、D&Dでサクッと入れて、スイスイ再生できるようなそんな奴を探し中。
[ 2011/01/22 22:44 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。