糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sony MDR-EX600の周波数特性

EX1000、EX800と測定してくれたsonoveさんが、EX600まで購入測定してくれてます。
ということでコチラも勝手に紹介。(以後自重するので最後の許しを)

趣味のヘッドホンとうどんとそばとカレー ソノベ > sony_MDR_EX600

まさか管理人が先にリクエストっぽいこと書いたのにレスしてくれた?・・・訳ではないと思うのが、これで三兄弟の音をネットで「見る」ことが出来るようななったのはありがたい・・・真乙です。


結果について―
まあ、なんていうか、言いたいことがあまりにも多すぎるので省略。
ただ、折角懇切丁寧に測定して貰ってんのにこの三兄弟と来たら・・・・sonoveさん超絶ガッカリだったに違いない。
管理人も正直ガッカリ。
こんななら、EX600で別にい(ry・・・ってことはなくて、価格.comなど、複数モデル種購入してくれてる方の比較レビュー読むとやはり違いがあるということらしいし、実際そう感じているのだから、そういう意見を蔑ろにしようものはやはり間違いであって、測定結果以外の何処がナニで違いを感じるのかということについて考えてみるのは実にオモロイと思う。
振動版の動きには殆ど違いがない(?)ということで、ケーブルやコイルワイヤーとか、音源の鮮度に直に関わってくるところに何かあるのかと、疑ってみたり。

逆にあれだけ測定結果がそっくりだから、かえって聞き比べるのが面白くなるかもしんない。
やべぇ・・・EX1000は無理だけどEX600がちょっと気になってしまった(笑)
[ 2011/01/31 20:58 ] Sony MDR-EX800ST <無評価> | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。