糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

密閉型イヤホンの音像伸張について(アゲイン)

以前指摘していて「ザレゴト」に過ぎんということで切り捨てた音場に関する考えだけど、あれはやはり妥当かも知れない。

何かというと「前面密閉型ヘッドホンでは音像が鼓膜間の中点Mへめがけて伸張する:独自の『伸張音像』を生じる」というテーゼ。

いろいろ音楽聴いたり、FPSゲームでちょっとしたテストをしたりしてみたのだけれど、やはりコレは事実として確認出来るように思う。

「伸張音像」というのはコチラへ向かって間延びした音像のことで、振動板前面の密閉度の高い種のヘッドホンに於いて、「音」がさながら「分光」にかけたように遠近分離して定位を起こす現象。
密閉空気の影響を強く受ける音の低周波成分が吸い込まれるような形で近くに定位し、逆に高周波成分は本来的な位置に定位をすると。
それ故音像がスーッと、何か漫画の走る車か、流星のように尾を引いて文字通り間延びするというもの。

原理的には管理人は「糸電話」を使った幼稚な比喩で説明したのが、あまり説得力がなかった。

そもそも、こんなこと言ってるのは管理人だけだし、おれの耳がオカシイだけかもしれないし。(管理人の耳が間延びしてるだけかもしれぬ)
しかし、おれにはそう聞えるんだから仕方無い。(おれ以外にそう聞えてる人っているのか?管理人が猫だからかそう聞えるのかにゃ? 笑)

因みに管理人が密閉型インイヤー嫌いなのは、この音像、或いは音場の歪みを嫌うから。
(どう聴いても、前面密閉型ヘッドホンて音歪んでる)

なんだかこのことを一人理解しているつもりだけど、他人に説得する気・パワーもなしに悶々してるのは・・・正しい事実なら、何れ誰かが実証してくれるでしょう。
どこかの歴史家が言ってたように「真理は最後には打ち勝つ」と。

おまえ一人が敗北するぜ(冷笑)

或いはそうかも知れぬ・・・。
[ 2011/02/04 18:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。