糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sonyの新型?

MDR-XB1000のこと。


『Sony MDR-XB1000』
MDR-XB1000.jpg
管理人的にあまり・・・。
デザインが「DQN好み」っぽいのを引いても、このヘッドホンはあまり欲しくない。
管理人は低音なんかは必要としてないし、AKGの30ミリドライバとか好きで、メジャーな40ミリドライバでも少しデカイかな~と感じるぐらいの小口径主義だし。
70ミリいわれても、さあ低域以外はどう出るか・・・「分割振動」って言葉があるし。

それにあの高密閉イヤパッドは、かなり音場を中央に引き込むだろうと考えられる。
タブンアタマのなかで低音がブリブリ鳴る様な、かなり不自然なバランスの悪い音場を作るんじゃないかと。
「迫力は有るけど、広がりがない」―またその手の音範疇にズボッと嵌ってオシマイとはならないかしら?
ネットのレビューに強く注目してる。


因みに70ミリというのは、以外にもソニーとしては最大口径ではない。
数十年前に70ミリが流行った時代があって、その間ソニーは77ミリ(DR-27/DR-47/DR-67)とか、今からするとトンデモな大口径モデルも出していたらしい。
最近の16ミリイヤホンにせよ、どうもこのメーカーは大艦巨砲主義っぽいところがあるみたい。

[ 2011/02/06 13:01 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。