糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ultimate Ears Triple.Fi 10PRO

『ULTIMATE EARS TRIPLE.Fi 10PRO パッケージ』
DSCN0559.jpg
"チャーチ"でもなく、"シュライン"でもなく、"テンプロ"(笑)

自分で書いてて全然面白くないので、スルーして開封。



『ULTIMATE EARS TRIPLE.Fi 10PRO』
DSCN0561.jpg
んん、まあデザインは全然好きでないなぁ。
形は良いと思う、こんな形なのはUEだけ、特徴的で良いとおもう、だけど色が少しナニか。
その辺のことは好みの問題なので・・・ただ、個人的にIE40のが欲しかったというのが正直なところ。
或いは中が見たいので、クリアとかも出して欲しかった。



『清掃作業』
DSCN0569.jpg
DSCN0584.jpg
中古で尚且つ、少し手が抜かれていたようで、指紋などがついていた。
また、後でアップする"ブタバナ"に鼻くそならぬ耳くそがついてあったりして、それも写真のツール(爪楊枝とアルコール・テッシュ)でほじくり出す必要があった。
e●ヤホンの中古なのが、正直言って少し不満。
いつもこうであるというわけではないだろうが、商売なのだからもう少し細かく手入れしといて欲しかったと思う。(軽くクレーム)



『清掃完了』
DSCN0618.jpg
DSCN0615.jpg
んん、まあキズなどは全く見当たるらない。
ハウジングの「UE」が「LE」にしか見えないこと意外は特に、気がかりなところはない。



『コネクター部』
DSCN0624.jpg
ここは少し不安。
第一に、ピンが細すぎて折れやしないかと心配。(実際折れたという話も聴く)
第二に、引っ張ると結構簡単に抜けてしまうので、その辺どうなの?と。
ソニーのみたいにねじ込み式の方が、しっかりしていて頼もしいし、下手な抜き方でピンを曲げてしまうこともないだろうに・・・。



『ノズル・・・というかノーズ(また面白くない・・)』
DSCN0614.jpg
覘くと赤と緑のフィルターが見える。
赤が低域側、緑が高域側。
見た目、緑のはER4なんかのと同じものに見えるがどうなんだろ?

で、ステムの根元になんかゴチャゴチャなっているのはなんと、パテントナンバー。
『PATENT 7263195』て書いてある。
ぐぐると"メンドクサそうな"英文が出てきて色々詳しく定義してある。



『分岐』
DSCN0607.jpg
「LE」・・・じゃ無くて「UE」と書かれたスライダ付き。



『プラグ』
DSCN0603.jpg
管理人が購入したのは旧型らしく、プラグはご覧のようにL型。
(何か、昔と今のとでは音が違うという話があるのが気になる・・・)



『まとめ(意味のない写真)』
DSCN0585.jpg
中身見てえ・・・分解したい衝動が止まらない。
せめて色がクリアだったら、慰めもあるのになあ・・・。

―因みに音は?

とてつもなく荒れに荒れています。
到着してから三時間は聞き続けてるつもりで、コレでもマシになったと思うのが、まだまだ荒い。
初めてのトリプルBAだけど、これは今までのヘッドホンで一番酷い。
先入観でなくて、確かにマルチドライバの悪いところ(?)が剥き出しという感じ。
個々の音がバラバラしていて落ち着いて聴いてられない。

因みに良いところはいうと、打撃音。
管理人史上、最も切れが良い音が出てる。
キレが良すぎて、固い。
あんまりドンドンくる音楽を聴いていると、耳が痛くなってくるぐらい。
ガツーン!ガツーン!ってドラムがハードに鳴る。
低域の解像度が途轍もなく高い感じなのが、少し馴染まないと違和感にも感じる。
慣らしこみと、それと耳も馴染ませないとついて行けない感じ(笑)

それと穴あきイヤピの実験も試したが、コレは期待通りイケル!
そらまあスカスカになるが、イコライザ補正で上手いこと整えてやると、かなり緻密な定位と広い音場が違和感なく実現出来る!
もしかしたらコイツは穴あきイヤピと一緒に管理人の愛器になるかも知れない。
少なくとも、心配していたように、即刻転売ということにはならなさそう(笑)


≪現在テスト・エージング中。≫




(スペック詳細/お勧め販売店リンク)


ULTIMATE EARS / TripleFi 10 Noise Isolating Earphones

ULTIMATE(アルティメイト) / TripleFi 10 Noise Isolating Earphones
≪製品特徴≫
左右のイヤフォンに3基ずつ搭載されているドライバーと内蔵パッシブクロスオーバーにより、完璧なハーモニーを実現します。
・ドライバーを左右のイヤフォンに3基ずつ搭載
高音域専用アーマチュア1基、中/低音域専用バランスド アーマチュア2基を左右のイヤフォンにそれぞれ搭載し、非常にクリアな高音域とクラス最高峰の深みのある豊かな中低音を両立しています。
・パッシブクロスオーバー内蔵
低・中・高周波数がそれぞれ専用のドライバーに送られるので、音楽がクリアに聴こえます。

≪製品仕様≫
製品名(日本語) : アルティメット イヤーズ トリプルファイ10
型番 : TF10PRO
品番 (パートナンバー) : IF-P7PSA0006-05
JAN :4943765033776
価格 :オープンプライス
保証期間 : 1年
カラー : ガンメタルブルー
本体重量 g (ケーブル含む) : 17
ケーブル長 cm :115
イヤフォンタイプ :インナーイヤー(カナル型)
ドライバータイプ :バランスド アーマチュア トリプルドライバー
入力感度 dB SPL/mW (1kHz) :117
周波数特性 Hz :10-17k
ノイズアイソレーション(遮音性) dB :-26
インピーダンス Ω (1kHz) :32
入力端子 :3.5mmステレオミニ (金メッキ)
マイク : なし
コントローラ : なし
旧製品型番: Triple. fi 10 Pro

※現在価格/在庫はコチラで確認してください。
[ 2011/02/15 22:30 ] Ultimate Ears Triple.Fi 10PRO ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。