糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サウンドハウスでALLEN&HEATH XD-20取り扱い開始

ALLEN&HEATHのヘッドホンシリーズ"XONE"の取り扱いがサウンドハウスで開始。
全然知らないメーカーなのが、イギリスのメーカーで主に高級ミキサー作ってるメーカーらしい。
日本ではハイリゾリューションが代理店で、最近イヤホンが発売されるとAV-watchにあった、そのイヤホンもサウンドハウスで取り扱い開始。



ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース ) / XD-20
ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース ) / XD-20

≪製品特徴≫
多くのDJや著名クラブにおいて"ファースト チョイス"としてAllen&Heath Xoneシリーズの名が挙げられます。
そのXoneシリーズのインナーイヤーヘッドホンです。
圧倒的な低域、ソリッドなサウンドは楽曲制作、リスニングにも最適です。 音響特性は、エレクトリックミュージックに最適化され、ふくよかな低域と、鮮明な高域を提供します。

軽量仕様、スーパーソフト軽量イヤピース、優れたノイズの分離機能など、 快適なミュージックライフをサポートします。

XD-20を装着し、その素晴らしいサウンドを体感して下さい。

≪製品仕様≫
型式:クローズド ダイナミック
ドライバー:φ13.6mm
再生周波数帯域:20~20,000Hz
最大入力:100mW
出力音圧レベル:105dB/mW
インピーダンス:17Ω
重量:12g
ケーブル:1.2m(Y-Type)
イヤピース:S / M / L 同梱



エレクトリックミュージックに最適化(うんぬん)―とあるし、前面のポートも見当たらず、かなり低域の音圧高そうな、ノリの良いイヤホンではないかと推測。
管理人には全く無縁な類のイヤホンだけど、偶然サウンドハウスで発見したので紹介。

(現在、サウンドハウスに在庫あり)

サウンドハウスHP > ALLEN&HEATH ( アレンアンドヒース ) / XD-20

トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。