糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑記 2011/03/21

新しいイヤホンが欲しいのが、考えが多すぎてどれを買ったものやら、ワカラン。

BA型にするか、ダイナミックにするか、BAであるならばマルチにするか、シングルにするか、或いはデュアルにするかとか、選択が多すぎて購入できない。

ダイナミックならSennheiserのIE8の購入を考えている。
穴あきイヤピで使えるだけの十分な低域再生能力がありそうなので、これは期待できると確信している。

対して、BAタイプの場合はいろいろと思考的に悩ましいことがあるので、どれを買ったものやら・・・。
使用の前提として穴あきイヤピを使うつもりなのだが、そうすると先のIE8のように低域に十分な音圧のあるもの、潜在的に再生能力の高そうな低域二発の3BAを買うべきだと思うのが、Westone3にも関心があったりなかったり。
また、低域二発といっても所詮BAユニットというのはサイズが小さいので、深い低域というのはイコライザ使っても期待できない。
さすれば、音場密度は見限ってしまってBAらしい解像度と「端正な音」?を重視してシングルBAで何か良いものを探すのが良いのではないか?という気もする。
穴あきイヤピを前提にするならば、装着時の低域減衰を考慮にいれて、シングルBAではWestone1とか、SE315辺り、ないしCKM90のような低域に重心の寄った機種を選ぶことになるのだが、それでは今度高域の伸びが無く、音場の透明感というものが今度は犠牲になってしまう。

結局のところ、「BA型というのは両端の再生能力が低くて、からきしダメですね」ということになるのが、やはり解像度には期待したいし、なんかBA型というのに未だ捨てがたいブツヨクを感じるのが不思議!

資金は先の義捐金支出のせいで三万円まで減額・・・。
近い内にまた何か買うと思う。

トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。