糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑記 2011/03/29

原発事故を見ていて、「原発ってこえーな、アブねーな」って感想も当然あるけど、寧ろ管理人は逆に「安心した」部分もある。

第一建物の周辺なんかが、あれだけ壊れてても意外に、格納容器そのものはタフに作ってあるんだな~ってこと、それと原子炉ってのは非常にシンプルな構造してたんだなと。
するに、ただの電気ポットみたいなもんじゃないか。
湯を沸かせて蒸気でタービン回してるだけかよと。

管理人は科学理解力ゼロだけど、原発事故のニュースでの構造説明とかが非常に分かり易かった。
その分かり易いのが理解出来たから、そのお陰で何やら原発というものが、「得体の知れない危険なバケモノ」からただの「電気ポット」にイメージ転換出来た。
それ故に、今回の事故はエライ迷惑なモンだと思いつつも、ある種の原発に対する理解から生じる安心感というか、それが寧ろ原発に対する潜在的な危険に対する不信感を上回るほどに、得られた。
こういう感覚は管理人だけではないはず。

だからって、「原発推進しようぜ」とも言わない。
災害には十分対処出来ることが説明されても、やはり危険なモンであるに違いないし、もっとハードに「有事」の際には標的にもされかねないし。
地下に作るとかそんなならある程度納得できるかも。

今後日本の発電事情はどうなるのかしら?(全然興味ないけど)

トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。