糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フジヤエービックにWestone UM3XRC発注。。

フジヤエービックにWestone UM3XRC発注。中古。

毎日中古リスト確認して、狙い通り入って来たのでサッソク注文した。

29600円。

約三万ということで管理人の過去の注文よりW1000Xとか、SR2050と並んで最高額。
どうせ上下レンジも狭いし、正直高ぇなぁ・・・と思う。

しかしここは大奮発しておいて、BAの限界確認しておいて、ダメならダメで転売してしまって、また次と。
想像以上にデキルようなら、メインとして使ってもいい。

ただそれには、10kHz以上が満足に延ばせるか?200Hz以下のブースト性能が十分でないといけない。

格別心配・・・と同時にBA型としてはかなり期待しているのが低域。
どこか海外の測定結果見るとかなり低域~中低域が相当膨らみっぽい。
コレぐらい出ていれば、イヤピに穴あけても、割と下までフラットに出てくれるんじゃないかと。
後はイコライザのアシストで200Hz~10kHz近くまでを平坦に補正出来れば、音色的に違和感無く聴けるものになるはず。

200Hz以下はダラ下がりでも許容。
右端も所詮BAなので殆ど期待していない。

「密閉空気に頼らず、BA型はどこまで広く鳴らせるか?」

というのが、とにかくの問題。
もしもコレに失敗したら、以後管理人はBAタイプを完全に見限って、糞ミソに貶すようになると思う。
その境目。
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。