糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

密閉型インナーイヤーの謎

なんでこんな構造の密閉型インナーイヤーがないんだろう?

earphone_baffle.jpg

つまり上の図は、これは、フツーの背面密閉型ヘッドホンと全く同じ構造。
バッフル面に音響レジスター(というらしい)を設置して振動版前後の空気の通りを発生させたイヤホン。
この構造では音漏れは全く発生しない。

振動版前面を覆うパーツに孔を開けて密閉度を低下させる場合ではそこから音漏れがしてしまうから、イヤホンでも同じようにバッフルとレジスターを備えて密閉度を下げつつ、頭内定位の解消を図った方が良いんじゃないかしら?

・・・しかしながら、こんな構造のイヤホンは全く見かけない。

イヤホンの口径が上がってしまうからかしら?(その場合ステムの長さを長く取るとか対処は可能だし)

メーカーもそうしないのにはなにか工学上の理由でもあるよう。
[ 2011/04/30 18:24 ] 糞耳的ヘッドホン解釈 | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。