糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

雑記 2011/05/01

おれ(学生)がバイトをしないことで日本経済が良くなる!

どういうことかというと簡単な話。

管理人がバイトをせずに親の貯金から仕送りせしめて、そのお金を全額効率良く使ったらば、市場にお金が流れていって景気が良くなるというわけ!
その為には管理人は親からバイトをしろと言われても、態と溜息付きながら、さも残念そうに「あぁ・・・バイト応募したけどまたアカンかったわ・・・」とかなんとかいって(笑)バイトを拒否する。

ただもちろんこの理屈は、親から「巻き上げた」金は自分が将来に渡ってより大きな利益を上げるために、現在に於いては熱心に勉学に励んで、将来もしも親がお金困ったような時は進んで稼いだお金を親に渡して、そしてそこでもまた無駄のない消費活動を起こさせるというのが前提。
子を親の最大の投資対象として、世代間の金銭流通を盛んにすることによって経済を良くしようというのが管理人の考え!
これはしかも、生物学的な本性に基づいているからなかなか強気な理論であると思う。

因みに経済が良くなる理由はもう一つある。

管理人などの学生がアルバイトを全面的にボイコットすることによって労働市場に人材が不足し、結果として労働賃金率が上昇。
上昇した賃金率によって豊かになった本当に金が無くてアルバイトしてるワープアの生活が豊かになって、彼等の消費活動の延びが景気を良くするというわけ!


天才的な経済学じゃんか(笑)
おれってもしかして経済学者だったのかもしらん。。(フフン!


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。