糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

K240のエイジング中止

今で100時間ぐらいたったか?

ダンステクノ聴いて確認してるのが、やはりというか高域の割れが少し出てきた気がする。
K272HDも鳴らし込んでいくと高域が刺さり易くなったことがあって、今回は余り音量を上げなかったのにやはり同じような印象。

恐らく、振動板の可動が柔らかくなるから???か、音が滑らかなんだけど、高周波の音割れが発生し易くなってる。

それでも同じ30ミリの平滑振動板のDT100よりは高域の歪みが明らかに少ない。
解像度はDT100の方が正直言って高いが、音の歪みが少ない感じで管理人はコチラの方が好み。


これ以上鳴らしても悪い印象が増えてきそうなので100時間で切り上げにしようと思う。
[ 2011/08/07 19:18 ] AKG K240MKII ☆☆☆☆★ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。