糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホンの頭内定位について(4)・・・頭内定位とボーカル定位原則

頭内定位とボーカルについて。

先に音像伸張ということについて説明したことを利用してイヤーピースや高密閉パッドを用い、且つバッフルポートを持たないヘッドホンにおけるボーカル定位仮説について説明。
tounaiteii-vocal.jpg
この想定グラフが傾いていることから、以下の原則が推定できる。

頭内定位を発生させるヘッドホンでは、

一、ボーカル定位は発音する音程によって絶えず変動する
二、声の低い男性ボーカルは、声の高い女性ボーカルよりも低く(近く)定位する

一、は音程によって受ける頭内引き込みの度合いが異なるために、音像定位がコチラへ向かって降下したり、上昇がったりするということ。

二、は一般的に推定される傾向であって、必ずしもそうなるというワケではないかもしれない。


このボーカル変動の現象は次の記事に書く、頭内定位の強弱による頭内定位曲線の変化によって、ヘッドホンによってボーカル定位が変化することを説明出来る。


三、高密閉型ヘッドホンでは、機種によってボーカル定位が変化する


以上三つを頭内定位型ヘッドホンのボーカル定位三原則と名づけておこうとおもう。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。