糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘッドホンの頭内定位について(6)・・・頭内定位と内外バランス

頭内定位と音場(感)について。


ヘッドホンの「音場」とは管理人は音像距離とは捉えず、低音の漠然とした広がり感と考えているから、低音がアタマの中に篭もる前面密閉型インナーイヤーなどは音場が例外なく狭いということになる。

このようなタイプは例外なく音場が窮屈だということになるのが、その中にあっても若干「閉鎖感が少ない」或いは、他の機種と比べて「音場が広い」と感じるタイプのものが存在する。

これは何故起こるかということについて。

tounaiteii-otoba1_20110905143513.jpg
頭蓋骨よりも内側に定位をするものを頭内定位、それよりも外の点を頭外定位とする。

写真のベージュっぽい色で塗った線より上にある赤い線が、頭内定位曲線頭内定位周波数分であって、青い線が頭外定位周波数分であるとする。

すると何が言えるかというと、

ア)頭内定位周波数=低周波数に偏った出力をする低域寄りのヘッドホンでは頭内定位量が多く、音のより多い部分が頭の中に定位をし、このようなヘッドホンでは音が頭の中に篭もる比重が外に定位をする量より相対的に大きく、閉鎖的な音場に感じられる

逆に、

イ)頭外定位周波数=高周波に偏った出力をするヘッドホンでは頭外定位量が多くなり、音のより多い部分が頭の外に定位をし、このうようなヘッドホンでは音が頭の中に篭もる感じが少なく、頭内定位型ヘッドホンの割に比較的閉鎖的でない音場に感じられる

―ということになるのではないかと。


「閉鎖的な音場に感じられる」とか、「閉鎖的でない音場に感じられる」とかヘンに書いたのが、これは音場全体の印象のことであって、厳密に音場が広いとか、狭いとかいったものではない。
音場の内外バランス感覚であって、広がりのハナシではない。

例えばEtymoric ResearchのMicroPROシリーズのような高域寄りのイヤホンでは頭内定位を必然的に起こしても、頭内/頭外バランスが良く、さほど閉鎖感は感じないはず。
しかし、これは音場が他の密閉型インイヤーに比べて広いというのではなくて、音場の内外バランスが良好だということ。

逆にKOSSの昔のSpark Plugなどは高域の延びと音圧が無く、音が頭の中に篭もる感じが強く、極めて頭に偏ったアンバランスな音だったと批評出来る。


この内外バランスという概念が、密閉型インナーイヤーの音の好き嫌いの指標になる―周波数特性的なものであって、性能指標にはならない―のではないかと管理人は考える。


トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。