糞耳とヘッドホン

―糞耳とヘッドホンの正しいお付き合いの仕方。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sennhesier MX580 レビュー

Sennhesier MX580 レビュー記事。


「高性能だがなんか物足りねぇイヤホン」


Sennheiser MX580
DSCN1137.jpg
うげっ、エージングして一時的に解像度がグッと上がった感じがしたのが、その後ちょっと大きめの音量で調子乗ってやり過ぎたのか、解像度が下がってきた感じがする。


■解像度
低 ---○- 高

先に書いた通り。
20時間ぐらい鳴らしたころはかなり残響音がかなり良く出ていていいん感じだったのが、今はちょっと・・・普通よりも良い位か。



■音像定位
低 ---- ○ 高

相変らずこのシリーズは分離がかなり良い。
でもコチラも使い始めのほうが良かった感じが・・・。
今ならEC700Tiの方が良いと感じる。



■音場(広がり感)
低 --○-- 高

音場についてはこの型式のそれ。
密閉型インイヤーに比べて特に頭上に広く展開する感じが強い。



■音色(周波数特性)
鮮度 低 ----○ 高
明度 低 --○-- 高
暈度 低 --○-- 高
重度 低 -○--- 高

高域の延びと音圧が上がっており、非常に鮮やかな音という印象。
ミッドバランスが良く、ボーカルに違和感が無いのが良い。
低域の元気がなく、すこし軽い印象の音に聞える。



■イコライザ追従性
高域 低 ----○ 高
低域 低 -○--- 高

ドライバユニットが小さく、尚且つSennheiserに特徴的な振動板を採用しているからか、高域の乱れが極めて起こり難い。
イコライザでハイ上げしてもかなり刺さり難い。

低域はイコライザを目いっぱい使っても元気がでない。
ただ、音色の軽さを軽減するには十分なレスポンスがある。



■その他
突発音に若干プラスチック臭い付帯音が付くのが少し気になる。
ハウジングの剛性が低い為か。



■まとめ
おそらくドライバユニットの口径が13ミリ(MX371より推定)と小さくなったからか、どうも音の重心が高域に寄ってしまって、元祖MX500にあった絶妙なバランス感覚が崩れてしまっている感じ。
それよりも、どちらかというとMX550をもう少し高性能にした感じの音のよう。
高域の乱れが極めて少ないが、如何せん、低域の音圧が少し低いのでイコライザを使えない/使わない人にはどうも素っ気無いというか、頼りない音に感じられそう。
管理人ももう少し元気良く鳴らしたいし、ドライバユニットの口径を再度見直してくれないかなと思う。
基本性能はかなり高い。



(お勧め販売店)



サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>イヤホン>インナーイヤー型>SENNHEISER ( ゼンハイザー ) /MX580

サウンドハウス>ヘッドホン・イヤホン>イヤホン>インナーイヤー型>SENNHEISER ( ゼンハイザー ) /MX580
≪製品特徴≫
エルゴノミックデザイン採用のインナー型イヤホン。
便利なボリュームコントロール機能付き、付属品も充実しています。

≪製品仕様≫
■イヤホン
■インナーイヤー型
■再生周波数特性:18 - 21000 Hz
■歪率(THD):< 0.5 %
■インピーダンス:16Ω
■感度:119dB
■プラグ:3.5mmステレオミニ(L型)
■ケーブル長:約1.2m(左右対称)※ボリュームコントローラ搭載
■質量:14g
■付属品
・イヤーパッド
・イヤースリーブ
・ケーブルクリップ
・キャリングポーチ

※現在価格・在庫はコチラで確認出来ます。

[ 2011/09/05 20:23 ] Sennheiser MX580 ☆☆☆☆☆ | TB(0) | CM(-)
トラックバック:
この記事のトラックバック URL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。